山本一郎さん、Yahoo Japan 個人ニュース記事で批判先から内容を完全否定される




山本一朗さんは以前ある検証ブログで指摘されたように、また事実に基づかないことを書いて当該会社から注意されました。

もとになった記事はこちらの記事です。

「そのユーザー数は本当か?」医療サービスにも懸念の広がる数字の盛り方

また、ユーザー1万人突破と発表して投資家の期待を煽り株価上昇を図る一方、有償ストックオプションを仕込むことは問題を感じてもおかしくはありません。果たして医療プラットフォームを運営する会社として適切な方策でしょうか。

いつものように投資家目線で問題提起しています。ただ山本一郎さんはたびたび炎上をしている人間だと感じたのでしょうか、本来であれば業務がないであろう2017/3/11 土曜日に青王デートしてます。

当社グループに関するインターネット上の記事について | プレスルーム
MedPeer メドピア株式会社

詳細についてはリンク先をご覧になっていただきたいですが、明確に山本さんの意見を否定しています。

2017年3月10日付で公表された当社及び当社子会社である株式会社Mediplat(以下、「当社グループ」という。)が運営する「first call」に関するインターネット上の記事において、当社グループが認識する事実と異なる内容が含まれているため、当社グループの認識を以下の通りお知らせいたします。

記事において、当社グループが公表した「first call」の利用者数及び症例数にクラウドソーシングサービスを活用して集めたモニター利用者及び症例が含まれていることに触れ、実態とは異なる利用者数及び症例数を公表することで、株価の上昇を目論んだという趣旨の記載がなされております。

ここでは山本一郎さんの指摘が間違っており、山本さんの主張を要約しています。




今回の事例でわかること

私はいろいろ思うところがあって最近山本さんのことをよく調べているので彼が書く内容がいい加減なものであるとよくわかっています。

ただ、山本さんが書くことを無条件に信用して山本さんがいういい加減なことを鵜呑みにして、無批判で山本さんの主張そのまま垂れ流す人が一定数いるので山本さんになにか指摘されたらできるだけ早く対応することが必要であると思います。

ゆっくり対応すればそれだけ悪評が広まるので、できるだけ早く今回のように毅然とした態度で書くことが必要だと思います。

ちゃんと調べて書いていない

山本さんはコタツ記事とちゃんと調べずに書いている人を批判していますが、今回の件は山本さん自身がちゃんと調べていないことがはっきりとわかる事例です。

私も以前 Yahoo Japan 個人ニュースは全くチェックしていないのでないかと指摘したことがあります。

山本一郎さんの「パスワードの定期的な変更」についての考えをみてYahoo ジャパンのクオリティについて疑問を持つ

今回わかったのはやっぱり山本さんは私が以前指摘したようにちゃんと勉強や調査もせずにいい加減なことを書くことです。

取材するべきだって主張はなんだ?

本ブログで最初に紹介した記事について山本さんは反論してます。

拙稿の「ステルスポジショントーク」指摘について

私自身は投資を本業にしていますが、記事で触れる企業やその業界周辺の株式の売買を行うこともありませんし、証券会社などから指摘や問い合わせを受けたことも一度もありません。証券を触る者であると同時に、自分が必要だと思う記事を執筆する者として、当事者に対して取材をし、相応の確証をもって記事を掲載するからにはそれで証券売買による収益が上がってはいけないという戒めを徹底しているからです。

山本さんはきっとメドピア株式会社さんの株は購入していないのでしょう。ただ、メドピア株式会社さんの反論を見る限り明らかに当事者に対して十分に取材していないので、この主張を信ずるならば本来であれば記事にしてはいけないものだったのではないかと思います。

ダブルスタンダードな男

山本さんは「そして、匿名ブログの記事について、私に対する事実の確認や取材もありませんでした。」と怒るくせに今回はちゃんとした取材もせずに記事にしました。

また、自分は人を豚呼ばわりしたり、職業で馬鹿にしたり、馬鹿と罵倒したりするくせに、自分自身がいった普通に考えたらあり得ない経歴や仕事について質問するだけで中傷しているという人です。

このような卑怯な人間にYahoo Japanとして個人ニュースで採用している理由についてまじめに話を聞いてみたいなと思います。

アクセス数がかなり多いのできっとエースなのでしょうが、そういった理由で彼を採用し続けるのは昨年問題になったキューレーションサイトと同じでアクセスがあればなにをやってもいいといった危険な考え方だと思うので一度Yahoo Japanさんとして検証されたらどうかなと思います。




コメントを残す