お金の稼ぎ方も使い方もイケダハヤト先生から指図される覚えはないんだが

イケダハヤト先生は、昨年調子よかった時に

『金の稼ぎ方も使い方も知らない、嫉妬深く、正義感の強い人々』

という記事を書いています。

彼のブログでは十分に稼ぐことができず、それ以外の収入源としてサロンとかノートで情報教材を売り始め、去年の後半から今年の前半まで調子が良かった時に書いているので自慢したいという気持ちもみえる記事です。

最近イケダハヤト先生はお金の稼ぎ方では迷走しているのでないかと思います。

#プロブロガー イケダハヤト先生 ってもうブロガーではないけど自称プロブロガーとして生き続けるしか道はないんだよな

稼ぎ方は長期的にはまずいのでは

稼ぎ方についてはいわゆる情報教材をうる手法です。アクセスがあるのである程度アフィリエイトでも稼いでいると思うのですが、時間がたてばあきれられ、効果がないと信頼を失う情報教材をうるという行為は長い目で見たらあまり頭のいい方法には思えません。

実際に情報教材については売り上げが下がっているであろうことは彼のサロンのお客さんの数でもある程度予想ができます。

私もこのあたりについて最近ようやく結論が出てきたのですが、Webだけで食おうと思ったらオピニオン系のブログではなく徹底的にビジネスマンに徹してアフィリエイトに専念することだと思います。また売りたい教材によっては複数のサイトを分ける必要があるだろうと思います。

このへんについてはまた別記事で書いていこうと思います。

金があるのに何であんな田舎に住んでいるの?

お金の稼ぎ方はあまり頭がいい方法ではないのでそんなに長続きしないのではと思ってみていました。

私の一番の疑問はブログで稼いでいると言い、奥様も東京にいるときは会社員だったのに東京を離れてあんなにすごい田舎にすんでいるかというところです。

東京を離れた理由についてはいろいろな事情もあるだろうし、ある程度の都市である高知市に引っ越すまではなんとなく理解できるのですが、いまはかなり町から遠く離れた場所に住んでいてかなり不便なはずなのになぜそこに住むんだろうと思います。

イケダハヤト先生は田舎暮らしは基本的に物価も安いしいいことも多いと主張していますが、一方彼は月商500万円とか300万円、今年の年商は3000万円規模みたいなことを言っているのになぜこのようなけち臭いことを言っているのかよく理解できません。

そもそも田舎に若いときに住んだことがないイケダハヤト先生にとっては高知市のような地方都市でも田舎だと思うのにとんでもない田舎にすむのはなぜだろうと思います。

rcp193の「道路について」のブログ(道路以外もあります):「地方に住む」とはどういうことか地方住民が実情を解説します 「まだ東京で消耗してるの?」に惑わされないために

でも解説されていますが、田舎に住むのは相当覚悟が必要だし、何かすればよりお金がかかる可能性が高いので彼本人は認めていないですが、相当苦労しているだろうなと思います。

また彼が住んでいる家は本当は家でなく簡易な宿泊できる建物がある農業施設だという解説もあるので、それだったらもう少し町中で暮らすのだろうと思います。なぜなら彼が住んでいるところは年間40万円ぐらいで借りれるのでアパートで生活するのも彼が申告しているお金があれば余裕でできるはずだからです。

金があるはずなのに貧乏くさいのはなぜ

彼は普通のサラリーマンよりお金を稼いでいると主張していますがその割には質素というには無理があるくらい貧乏くさいことをしています。

イケダハヤト情報まとめ」をみると何人かのお客様がいるのにバーベキューをするのに一人用のBBQコンロでしていたりしています。

一万円もしないようです。また調理している様子もあるのですが、肉以外のものが多く出されています。

学生旅行?

イケハヤ先生はこの夏講演のために2か所に旅行したのですが、かなり余裕がない旅をしていたようです。また旅の途中も稼いでいたと報告しています。『「旅をしながら稼ぐ」のリアルな数字を公開するよ。』でも報告していますが54万円の収入があったようで、旅行中もかなりお金を使ったといっています。

講演の謝礼を多めにいただけたので助かりました。たっぷり観光してお金落としました!記事もたくさん仕込んでるので、きたかるの皆様どうぞお楽しみに〜。

最近はアフィリエイトが好調でして、確定ベースで毎日2万円ほどの収益が発生している感じです。これは不労所得化してきましたねぇ。

『「旅をしながら稼ぐ」のリアルな数字を公開するよ。』から引用

旅行で稼いだ額の自慢をし、観光でも散財したようなことを書いていますが、実際に旅行についてはイケハヤ先生がツイートしたりブログを確認してみるとかなり貧乏くさい旅行であったように想像できます。

rcp193の「道路について」のブログ(道路以外もあります): 某ブロガーの北軽井沢旅行は、なぜ非常識的なのか?

ここで解説されていますが、かなり気持ちに余裕がないばかりか、お米も持参して自炊しているし激安の施設でとまったようです。

お金を稼いで、お金を落としてきたと豪語する割にはけち臭い旅行だと多くの人は思うのではないでしょうか?

それとも彼の読者が学生が多いのでそれに合わせたのでしょうか?

いつまでも続きそうな開拓

彼はイケハヤランドといって、農地をもつ農家です。

ただし農地といっても荒れ放題でそれなりに投資が必要なのではと思います。

イケダハヤト先生はなにを思ったのかボランティアで人を集めて開拓しようとしていますが、仮にも月商500万円もあると自慢するのであれば月々100万円くらいは投資して作業をするのではと個人的に思いますが、できるだけ安く済まそうとしています。

なぜかたくさんある車

彼はアウトランダーと軽自動車2台を持っているようです。

軽を購入したのはイケハヤランドのためだと思うのですが、それだったら道を整備してアウトランダーだけでいけるようにすることを考えることが一番安い気もするのですが、軽を購入するほうが安かったのかもしれません。

貧弱なDIY

最近、ストレス発散のために棚やテーブルを作っているようですが、ちゃんと考えられて作っていないのかすぐに壊れそうだし、全然素敵だとは思えないものを量産しています。

また軽のワンボックスをどこまで本気かわからないですが寝泊りできるようにパーツを作っていますが、これだったらお金をだして専門家に頼むだろうなっと思います。

どこまで本当なのかよくわからない話

自動車を3台持っているのでお金を稼いでいるのは間違いはないと思いますが、彼が申告している額はかなり多いのかなと疑ってしまう内容です。

月商500万円は大げさにしても彼のブログやツイッターを見れば月商200-300万円のはずですが車を購入したこと以外大きな支出をしているようには見えませんし、旅行にいたっては稼いでいるはずなのにそれが嘘に見えるくらいケチケチ旅行だと思います。

仮に彼の申告している収入が正しいのであれば、お金の使い方が間違っているのだと思います。ケチなのは性格なので仕方ないにしても必要なものはお金で解決すると思うのですが、できるだけお金をかけないように工夫しているのではないかと思います。

イケダハヤト先生はなにか嘘をついているのではないかと私は思います。

こんな人にあこがれるの?

お金を稼いでいるはずなのに貧乏くさい生活をしているので私はあこがれなようがないです。

これであればまだ与沢翼さんにあこがれる人が多かったのはよくわかります。かれはアフィリエイトではほとんど儲かっていませんでしたが、信者から巻き上げたお金で金持ちになったのを演出し続けテレビにも出ていたのでだまされた人がいるのはわかります。

イケハヤ先生の場合情報教材で一時的に収入があったでいい気になっていろいろいっている間に金持ちっぽいことをすれば私ももしかしてだまされてイケハヤ先生のサロンに入会敷いていたかもしれません。また今のようにサロンを退会する人が続出するのも防げたかもしれません。

私は多くの人が指摘するようにイケダハヤト先生は自分で申告するほど金儲けができておらず、一方で田舎に引っ越したことは間違いだと気づいていながら昔言ってきたことと矛盾するから間違いでしたということができない哀れな人なんだなと思っています。

どちらにしても彼のことが疑わしいと思っている方にとってなにか気づくことのきっかけになればと思います。

コメントを残す