HDMI ビデオキャプチャーボックス DN-12534 はUSBメモリー 64GB Team USB3.0 C143シリーズ と相性が悪いのかも

先日じゃんぱらで64GB Team USB3.0 C143シリーズを安価に買いました。DN-12534でゲーム画面を録画するためです。

HDMI ビデオキャプチャーボックス DN-12534 による初めてのゲーム録画

購入した当初は全然問題がありませんでしたが、halo5を撮っている途中に録画漏れがありました。そのときにDN-12534にTeam USB3.0 C143を刺したときにちゃんとマウントできないことを発見しました。

もしかしてフォーマットの問題かと思いました。

DN-12534の製品仕様を確認すると(FAT/FAT32/NTFS)に対応していますが、32Gよりも大きなUSBドライブはWindowsのエクスプローラーからフォーマットする場合はex-FATとNTFSしか選択できません。

ex-fatとNTFSしか選択できない
ex-fatとNTFSしか選択できない

NTFSでフォーマットしなおしましたがうまくできませんでした。もしかするとFAT32だとうまく動くかもと思いいろいろ調べたところIO-DATAさんのフォーマッターを使用するとFAT32でフォーマットできることを確認しました。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ
I-O DATA ハードディスクフォーマッタ

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ からダウンロードできます。

試してみましたが、うまくいかなかったです。

結局別のUSBドライブを購入しました。

東芝USBドライブ
東芝USBドライブ

結局いろいろ試しましたがうまくいかなかったのでUSBドライブを購入しなおしました。

TEAMのUSBドライブはLEDが付いておりランプのつき方でちゃんとマウントできているか確認が比較的容易にできましたが、この製品はLEDがついていないのでDN-12534の録画ボタンを押して録画が無事開始できるのを確認するまでは確認しようがないですが今のところ問題なく動いています。

TEAMのUSBドライブは私のPCとは何ら問題がなく動いているのでおそらく相性の問題だと思いますが、この東芝のUSBドライブでも問題が起きた場合、USBの電源容量が足らなければセルフパワーのハブで試してみるか、いっそのことUSB HDDドライブでするのが現実的かもと思いました。

どちらにしてもしばらく使ってみて、よくても悪くてもレビューをしてみたなと思います。

コメントを残す