HDMI ビデオキャプチャーボックス DN-12534 による初めてのゲーム録画

いろいろ考えることがあって思い切ってビデオキャプチャーを購入しました。

いろいろ考えてこの製品にしました。Full HDで60FPSでとれる製品もあります。

81RWWZURkiL._SL1500_
Elgato Game Capture HD60

けどこの製品を利用するにはPCにつなげる必要があること、またそのPCの性能が高いことが必要でした。

PCはゲーム機があるリビングにあるので使えるとしても6年位前に購入しているので60fpsでは取れないのではないかと思いました。

近所にドスパラがありそこでは複数の種類のキャプチャーボックスがありました。

そのなかで目をつけていたのが 「ビデオキャプチャーボックス DN-12534」です。

この製品にしたポイントは

  • 価格がElgato Game Capture HD60 や類似製品と比べると半額ぐらい
  • PCがいらなくUSBメモリーかUSB接続のHDDがあればよい
  • 720Pでよければ60fpsで録画できる
  • すごいいい評判も聞かない代わりに悪い評判も聞かない

最後の項目はもしかして売れていないからと思いましたが、売り切れていた時もあったように記憶しているので本当にどうしようもない製品であればネットで何か悪い評判がたっているだろうとおもい、家のテレビは最新ではなく720Pで利用しているので十分であると判断して購入しました。

購入後、一回だけ不良品かもって思ったこと

実際につかってみると大きな不具合はありません。もちろん、安価な製品なのでダメなところもあるだろうと思いますが、宣伝道理なのであまり不満もありません。

実は購入直後試してみると、ファイルが取れていないように見えて、故障していると思ったことがありました。

USBメモリーを何回かフォーマットしても動画ファイルが見当たらないのです。いろいろフォーマットしたりファイルを消したりして試したのですが毎回録画したはずのファイルが見つかりませんでした。

そこでチェックディスクしたところ、見えなかったファイルが見えたので、私と同様の問題があったら落ち着いてチェックディスクをするともしかして問題は解決するかもしれません。

特に大きな問題はないと思う

安価が売りな製品なのでかなり機能が絞ってあります。なのでそこを割り切る必要があると思います。解像度は入力信号から1080p/ 720pを検知して1080pのときは30fps、720Pの時は60fps固定です。ほかの解像度は試していないですが、ようはユーザーさんがなにかしら選択するといったことはありません。

もちろんリアルタイムで実況するといった機能もないのでそのあたりについてどうしてもそのような機能が必要な人は違う製品を探されるのがいいと思います。

「HDMI ビデオキャプチャーボックス DN-12534 による初めてのゲーム録画」への2件のフィードバック

コメントを残す