#AIゆりこ って?

都知事選の公示前だが、小池百合子さんが3期目の都知事立候補表明を2024/6/13にしてから選挙が始まった感じがします。

AIゆりこの登場

表明した日にX (旧: Twitter)で AIゆりこ が登場しました。

そうぞうすると、最近AIという言葉は流行っており、それに深く考えずにのっただけなんじゃないかと思います。

AIっていうほどのものなのか?

最近ではChatGPTが話題になりよくニュースでも見かけるようになりました。

日テレNews【アメリカ・オープンAI】文章から動画を作成する新たなAI「Sora」開発を発表

最近のニュースで文章から動画を作成する技術が紹介されています。

ChatGPTに代表されるAIは、話し言葉で入力したことに対してダイナミックに自然言語で返すものです。小池百合子さんのXでポストしている AIゆりこ はあらかじめ書いたテキストを音声合成をつかって話をさせ、その音声データを利用して口を動かしています。リップシンクとも言われているようです。

それなりに予算をつかってこれらの動画を作っているようですが、べらぼうに高い金額ではないような気がします。

動画用アバター作りに役立つ人気のリップシンク・音声合成ツールを紹介【無料有/2023年版】 | Skillhub[スキルハブ]

このページをみると、話したいテキストと写真があれば音声合成とリップシンクができます。

おそらくこのページで紹介しているようなサービスを利用せずに動画作成をしたと思うのですがAIと自慢できるようなものではないと思います。

音声合成はかなり昔からある技術

リップシンクについてはあまり細かくわかりませんが、音声合成は10年以上前から一般的になってきており、厳密にいえばAIとは言えません。リップシンクも音声から唇の形を計算し、それに合わせて画像を変更させているだけで純粋にAIと言われるものではないと思います。

いくつかの会社がWebサービスでお手軽な金額で提供しているので最新技術というわけではないと思います。

騙しにかかっているのか?

僕個人としては音声合成や音声認識のことについて昔勉強したことがあります。そのような経験を持っている人間からすると、AIを知っていることをアピールするために「AIゆりこ」動画を作るセンスは、よく理解していない人を騙す気で作っているのかな?と邪推したくなります。

一方ですでにAI技術についてはニュースなどでたくさん報道されており、AIゆりこ はAIではないと感じる人も少なくないと思います。

これだったら「AI ゆりこ」 なんていわずに小池百合子さんが原稿を読んだ動画を作ったほうがまだマシだったのかな?と思わずにはいられません。

AIゆりこ をお金を使って作るようなメリットはあまりないような気がします。

なめてかかっているのでは?

ここから先は僕の願望も含まれていますが、小池さんは対立候補である蓮舫さんだけでなく都知事選は2016/ 2020年の都知事選のように圧倒的な勝利をするとなめてかかっているのでないかと思います。

この動画一つで流れが変わるとは思いませんが、油断していると希望の党のときの「排除」発言のあとの強烈な逆風もあるのでないかと思います。

本来あるべき AIゆりこ は

小池さんが上げている#AIゆりこ は音声合成とリップシンクをつかって自動生成した動画と他の動画を組み合わせた動画で、ようは普通の動画ではありません。

AIといえばChatGPTに代表されるように、入力に対して何らかの返答を返すものなのです。入力するとあたかも小池さんが返答するようなアプリが本来あるべき AIゆりこ だと思っています。

小池さんのいうようなロジックがまとまっているXのポストを見ました。

どなたか作ってくれないかな?

「#AIゆりこ って?」への1件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください