#禁煙 なぜ難しいか 中毒だからだ

禁煙についてはいままで2回書いていきました。一つはタバコをやめたらお金が節約できた話、もう一つは禁煙には成功するまで何回でも失敗してもいいのではないかという話をしてきました。

煙草をやめて早くも7年が経ちました。100万超えてびっくりした

禁煙ができるまでは失敗したいだけ失敗しよう

今回はなぜ禁煙をしても失敗する可能性が高いのかについて考察したいと思います。

中毒

私は禁煙が成功したときに、タバコを吸わなくなってからしばらくした2009年の8月に酒井法子がそしてそのあと押尾学が逮捕されました。

そのときに私はタバコを吸っていませんでしたが、吸いたくってたまらなく夜寝ているときに夢の中でついつい吸っちゃって夢の中で気づいて叫びながら起きている頃です。

そのころちょうど彼らが逮捕されたので、タバコも麻薬ほどではないにしても中毒性があり、大げさにもこれが禁断症状だと思いました。

タバコと麻薬はずいぶん違いますが、タバコをやめれなかったら麻薬にはまっちゃうかもと恐れていました。もしかするとタバコをやめた直後にそのようなことがあったことが私にとっては非常によかったのかもしれません。

やはり、タバコは中毒であるとつよく意識できたのでここでやめないと私はずっとやめれないのではと恐れていたからです。

もしかすると禁煙の第一歩はタバコは中毒であると強く意識することなのかなと考えます。

なんで煙を吸えるのか考えてみよう

たとえ、ニコチンやタールなどの有害物質がタバコに含まれていなかったとしても二酸化炭素や燃えカスが体内に入ってくるのはどう考えても健康にいいとは思えません。

たき火をして煙を吸い込んで咳き込んだことがある人は多いと思いますが、タバコを吸うのは毎日、火が付いた草からでる煙を吸っているようなものです。

冷静に考えてみたら我慢大会と同じようなことをしています。

ニコチン中毒

一般的に言われるのがニコチン中毒と言われるニコチン依存症です。定期的にニコチンを取らないと落ち着かないようになります。

私もタバコを吸っているときに海外出張にいったりすると飛行機で8時間くらい吸えなくなるのは非常につらかったですし、やめるころは駅のホームでの喫煙所は撤去されるような時期だったのですが、町で吸えなくなかったので数少ない喫煙所を探して歩いていた事を思い出しました。

やめる直前はタバコが吸えない環境にいるのがとても怖かったです。

そのぐらいに映画「サンキュー・スモーキング」を見ていましたが、あれもニコチン中毒のことを考えさせられました。

映画 サンキュー・スモーキング(2005) ロビー活動の凄さがよくわかる

もしかして禁煙を考えていない人もこの映画を見るといろいろ考えることができるのかなと思います。

まとめ

禁煙をしたいと思う気持ちがあれば、禁煙をして失敗したことがあると思います。

ただ、タバコを1日たってどうしても吸いたくなって吸って失敗するパターンがほとんどだと思います。私も失敗を繰り返していましたが、なぜ最後にやめることができたかを考えてみると重度のニコチン中毒になっていることに気がついたからということが大きかったのかなと思います。

中毒だから本来であれば煙たくって咳き込むタバコもかなり我慢して吸えるのかなとタバコを無事にやめれた今は思います。

禁煙する前にタバコを吸うのはかなり無駄な作業だと気づくと案外やめれるものなのかもしれないなと思います。

一番重要なのは貴方は本当はタバコが好きなわけでなくニコチンの奴隷になって仕方なく吸っていることを素直に認めることがタバコをやめる第一歩なのかなと思います。

次回は、タバコを吸うメリットって何だっけ?ということで話をしようと思います。

禁煙ができるまでは失敗したいだけ失敗しよう




この前は禁煙したらお金をすごく節約できてびっくりしたという自慢めいた話をしました。

煙草をやめて早くも7年が経ちました。100万超えてびっくりした

ただ、禁煙するのにお金のことだけを考えてもなかなか成功しないような気がします。

というより私も禁煙ができるまでは覚えている限り3回は失敗しています。まずはそのことについて話をしたいと思います。



なぜ失敗するのか

先ほど3回と言いましたが、ちょっと試しただけだとたぶん10回は超えているような気もします。

例えば、風邪をひいたりしてひどい症状の時は強制的に吸えなくなるのですが、全快になる前に吸えるようになったタイミングで吸っていました。

まだ若かったのでとくに問題はなかったですが、歳をとると直りが遅くなるかもしれません。

やめようと思ったのはお金が節約できるとか、健康を考えるとやめたほうがいいと軽く考えたからですが、私が若かった時は吸っている人がまだまだ多く、かなり誘惑が大きかったことを覚えています。

若いときは喫煙が健康に悪いということはわかっていても、吸っている人がたくさんいたし、道端で吸っていても誰からも文句を言われなかったのでやめなくても不便がなかったのも一つにあるかもしれません。

月日が流れ私が30の半ばに差し掛かった時に娘が生まれました。たしか彼女が3歳になったぐらいに「パパ、タバコは臭いからやめて」と言われたのを覚えています。

けどそれを言われてもやめませんでした。

禁煙する直前まで1日一箱以上吸っていて、家でタバコが切れると、買いに行くのがめんどくさくなったので吸殻を取り出しシケモクしていました。

今思えばタバコ中毒だったのかなと思います。

タバコを禁煙する1年前に父にタバコを止めるように強く言われたので、強引に約束させられました。そこで私が読んだのは禁煙セラピーという本でした。

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

いいことが書いてあり、いま思えばこの本を読んでいたからこそ禁煙ができたのだと思いますが、読んだだけでは私はやめられなかったです。

今思えば絶対にやめたい理由というのがなかったから禁煙できなかったと思います。

もっとわかりやすくいうと自分の中に納得できるタバコをやめる理由がなかったのだと思います。



簡単に禁煙できる人はまた吸っている人がいる

私は禁煙するまでに何回も失敗していますが、私の友人にはタバコを吸っている人が何人かいますが、その中には一度禁煙をしたけど喫煙を再開したという人がいます。

じつは私もタバコを吸うことが嫌いでやめたわけではないのでこの文章を書きながら「吸いたいな」と思いますしお酒を飲みに行くとタバコを吸っている人がいて吸いたくなる時がありますが、絶対に吸わないだろうと思います。

というのはタバコをやめるときに散々苦労したからです。タバコをやめて一週間ぐらいは本当に大変で、アパートの前にタバコが落ちていたので衝動的に吸いたくなり落ちていたタバコを拾いましたが、家あったライターを全部処分していたので結果的に吸わずに済んだり、夢の中でタバコを吸ってしまって叫びながら起きたことがあります。

禁煙していたのに喫煙を再開した人の話を聞くとタバコを最初にタバコをやめようと思った時に私が七転八倒してやめたわけでなく簡単にやめれたそうですが、禁煙しているときに飲み会とか仕事仲間にタバコを吸うように勧められて再開したようです。

私の場合そのようなことがあってもやめるときの大変さを知っているのでそのような誘惑よりタバコを吸うことの恐怖があるので吸えないだろうとおもいます。

禁煙に失敗したからって落ち込むことはない

そのようなことから禁煙失敗で落ち込むことはありません。失敗したら成功するまで何度でもトライすればいいと思います。

さきほど私の失敗事例を書きましたが、やめれらないのはあなたの中にタバコをやめる理由がないだけなので落ち込まずまた禁煙に挑戦してみようろ思えばいいのかなと思います。

最近、いろいろな生き方について考察していますが、禁煙の話に限らずとりあえず失敗する可能性が高くてもいろいろ考えて試してみることが重要だと思います。

禁煙に失敗しても禁煙をしようと思ったことだけでも立派だと私は思います。

まとめ

禁煙に成功するまでは禁煙をする納得できる理由が見つかるまでは何回も挑戦することが重要だと思います。

次回は私がやめれるようになった動機とかについて語ってみたいと思います。




煙草をやめて早くも7年が経ちました。100万超えてびっくりした

昨日、別ブログでタバコをやめたらお金が節約できて大体ひと月分のお金ではてなブログProと2年契約ができると言って記事を書きました。

そこで、いつ辞めたのか調べてみました。

らくらく禁煙アプリ wiiでやめた

私はwiiで発売されていた「らくらく禁煙アプリwii」をつかってやめました。

らくらく禁煙アプリwii
らくらく禁煙アプリwii

このソフトではいつ禁煙を開始したのかいつでも確認することができます。

2009/7/18に禁煙開始
2009/7/18に禁煙開始

アプリによると2009/7/18日に禁煙を開始したようです。当時マルボロメンソールを1日一箱のペースで吸っていました。

当時マルボロメンソールは320円だった
当時マルボロメンソールは320円だった

アプリでは禁煙中にいくらタバコにかかった費用が節約できるか計算してくれましたが、999日までなのでこれ以上は値は増えないようになっています。

ちょっと真面目に計算してみよう

当時は320円だったマルボロメンソールも今は460円で2010/10に値上げされたらしい。

2009/ 7 /18 – 2010/ 9/30 は440日
2010/10/1  – 2016/10/20 は2,212日です。

タバコ代金だけで以下の計算が成り立ちます。

320(円) X  440(日) = 140,800(円)
460(円) X 2,212(日) = 1,017,520(円)

合計するとなんと 1,158,320円で軽く100万円超えていることにびっくりしました。

タバコってじつはもっとかかっている

タバコ吸っている皆さんはよくわかると思うがタバコそのものの値段よりもそれなりの金額がかかります。例えばタバコに火をつけるにはライターがいりますが忘れると購入する必要があります。

また、タバコ吸いに行ったときに缶コーヒーなど買ったり、酒を飲んだりするといつもよりたくさん吸ったりします。

ちょっと真面目な話をすると、仕事中にタバコを吸うとその分生産性が落ちたり、病気になりやすくなるリスクが高まるので経済的にはより高いコストがかかっています。

軽自動車一台まるまる購入できるお金

実は、タバコをやめてから初めて真面目に計算して、これほど節約できていることを初めて知りました。

結構真面目に言いますが、若い人はタバコを吸ったりしたらダメです。私は辞めるまで19年間吸っていました。吸い始めたときは安かったですが、200万円は使っていたのではないかと思います。

また、やめたいと思う人は一日でも早くタバコを止めましょう。

次回以降の予定

次回以降はタバコをどのようにやめたか熱く語っていきたいと思います。

私が書いた記事を読んだ喫煙者が一人でもおおくタバコをやめればと本気で考えて書こうと思うのでよろしくお願いします。