アフィリエイターとお金を稼ぐブロガーってなんの違いもないだろ?

先週はAdsenseが承認されたのですが、私の弱小ブログではPVがまだまだ少ないので当然ながら収益も少ないです。

テクニック的な対策をしなくてもGoogle Adsense がついに承認されました。

広告を出しているだけでは当然ダメで広告にクリックを結構してもらわないとゲームソフトなんて買えそうにもないなと思います。

当初サイドバーにだけ載せていましたが、それだと表示回数も低いのでインデックスと記事表示で広告を出すようにしました、なんかちょっと増えたみたいです。

ただ、アクセスを増やすだけでなく、ページのレイアウトなどを変える必要があるのかなと思いました。

私は最近、ブログでのマネタイズのブログとか見るのですなんかいろいろしなきゃいけなんだなと思います。一番よくわかっていないのは

ブロガーとアフィリエイターって何が違うの?

というところです。昨日の記事で取り上げたつっちーさんやヒトデさんのブログなんかを見てみるとやはりいろいろ工夫をしていそうです。

ブログで稼げても専業にしている人ばかりでない

結局お金を稼ごうと思うと、アクセスしてきた人にその製品を紹介してアフィリエイトをより多くしてもらうということがポイントなのかなと思いましたがそのテクニックが行きつく先は全く同じものになると思います。

グーグル先生に聞いてみました。

とりあえず誰かに聞くまえに「アフィリエイターアフィリエイターブロガーの違い」でグーグルで検索してみました。

私が一番共感したのはこの記事です。

ブロガーとアフィリエイターの違いとは?4項目に分けて分析

これら二つの記事では基本的にブロガーとアフィリエイターと大きな違いはないのではと指摘しています。

やはり本質的には同じであまりこれから分けないほうがいいと思いました。もちろんプロブロガーと自称する人はいますが、その人はきっとアフィリエイトで稼げない人なのだろうと思います。

あえて言うと

アフィリエイターとブロガーの違いに気づいてビビッた

ブロガーが人を売り、アフィリエイターが商品を売ることについて特化しておりミックス型がいるとことと、ブロガーからアフィリエイターに移行する人、また逆になる人がいるのでないかと指摘したいますが、私はほとんどの人はブログでお金を稼ぎたいと思った時からアフィリエイターになるのでないかと思います。

まとめ

私がこの記事を書いた理由は、最近よく書いているイケダハヤト先生をはじめとするプロブロガーが情報教材としてブログのマネタイズを解説しているだろうと(購入していないので)想像するしたことです。よく考えるとネットでお金を稼ごうと思うとアフィリエイターとブロガーと大きな違いはないと思いました。

プロブロガーがなぜブロガーを名乗るかというと単純にアフィリエイトだけで食ってけないからでないかと思います。

なぜならアフィリエイトだけで食っていけるのであれば、そのノウハウを売る必要はなく自分だけで占有しようとするはずです。

情報教材として売る人は結局中途半端な人なんだろうなと思います。この点についてはまた改めて書こうと思います。

 

イケハヤ先生とプロブロガーで消耗しませんように

先日、ツイッターで大学を中退して起業すると発言している人がいた。ついつい私も気になったので発言者に起業する前に中退する必要はないし、社会経験もないのにいきなり起業するのは難しいのではといったのだが、もうすでに中退しているし決めているしということを言われたので、そこまで言うのであれば頑張ってくださいと言っておきました。

ただツイートをみると彼の決断は素晴らしいとかいう人たちもいました。

想像はつきましたがイケダハヤト先生とその近くにいるプロブロガーたちでした。

この記事の目的

別にこの記事でイケダハヤト先生やプロブロガーの人たちについて問題点を語るのが一番の目的ではありません。問題点についてはすでに多くの人が言及しているので私がいまさら何をいっても無駄だからです。

この記事はイケダハヤト先生やそれに近しい人たちにあこがれる若者たちがちょっとでも彼らの言動がおかしいと思ったときにこのような考え方もあると理解していただきたいと思って書きました。



なぜイケハヤ先生にあこがれる若者がいるのか

続きを読む イケハヤ先生とプロブロガーで消耗しませんように