次はグラフィックカードを購入しようかな

PCでゲームをする予定がなかったのでグラフィックカードを買う予定はありませんでしたが、動画を取り始めたのでいろいろ考えが変わってきました。

ゲーム機はリビングにあるため今のところゲームの様子を撮りためて編集しています。この場合の問題は大きく二つあります。

  • リビングにはたいてい誰かいるので自分が遊んでいる様子を撮ることは基本的に難しい。
  • ゲーム動画を取った後、その動画を見ながら音入れして編集して結構時間がかかる。

ゲーム機をもう一台購入してPCが置いてある寝室に置くことでエンコード時間以外のほとんどの問題が解決するとおもいます。

そのため、もう一台のXbox one を購入することを考えていました。ただ、Xbox oneでこれから出てくるファーストのゲームのほとんどはXbox one版を購入するとPC版も遊べるようになると聞いてから考え方が変わってきました。

Xbox Play Anywhere | Xbox

いまのPCは何世代か前のSandy Bridgeですが、なんとか動くのかなと思います。ただグラフィックカードがないのである程度のグラフィックカードを購入しないとどうしようもないと考えています。そこで以下のページをみて参考にしようと思っています。

ASCII.jp:5年落ちでもパーツ交換で現役化! マイスター加藤のPC延命術

いろいろ調べましたがどうもCPU自体をIvy Bridge世代に交換できたとしてもそれほど劇的に速くならないみたいなのでそれは今のところ考えないようにしています。

また、購入したいと思っているグラボはいままだ日本では販売していないですがAMDの新しい安価でパワフルなグラボがそろそろリリースされるみたいなのでそちらを購入しようと検討しています。

【イベントレポート】【速報】AMD、Polarisの新世代GPU「Radeon RX 480」。199ドルでVR可能 – PC Watch

AMD、Radeon RX 480に続き470や460も投入 – PC Watch

GPUを購入したらまずしたいのと思っているのがForza Horizon 3を寝室のPCとリビングのXbox oneでしたいことですが、先日購入したVegas Pro 13 EDIT でがGPUによるOpenCLを利用したハードウェアエンコーディングもできるとのことなので、ゲームをするより先に編集で使うようになるのかなと思います。

これを機にSteamでのゲーム購入をするようになるのかもしれません。

検討した結果、やはりもう一台Xbox oneを購入したほうが気軽なのでそっちのほうにする可能性もありますが、エンコードでGPUが使えることを思うとPCにGPUを購入することを今は第一に考えています。

Forzaで遊んでいます。グランツーリスモは頑張ってほしい

私がグランツーリスモを始めたのは近所に住んでいる先輩の家で、グランツーリスモを見たからです。

おそらく今見るとちゃっちぃグラフィックスだと思うが、当時初めてゲームをしたときはびっくりして、アナログコントローラーとソフトを翌日に購入したことを覚えています。

そのあとしばらくゲームをやめていたのだが、子供が生まれた後PS2とGT4の中古をかなり安く買いました。GT4ではハンドルコントローラーまで購入したのでそうとうやりこんだとおもいます。

そのあとPCゲームのSimBeam社のGTRシリーズで遊んでいました。なのでハンコンのもとはとったと思います。あとGT5でも使えたので満足しています。

PS3に早期にリリースできなかったGT5

GT5リリースは当初の予定からかなり遅くなりました。PS2時代でもリリース遅れはあったと思うのですが、GT5は大幅に遅れたと記憶しています。

PS3を購入した一つの理由としてGT5がありました。CECH-2000がでて安くなったタイミングで買ったのですが、やはり高かったのでいろいろ理由をつけて購入しました。2009年の10月ぐらいだったと思います。

GT5は2010年11月25日に発売されたのですが、たびたびリリースが遅くなりました。

PlayStation®3専用ソフトウェア 『グランツーリスモ5』 発売延期のご案内 | プレイステーション オフィシャルサイト

PS3を購入したときは2010年の3月リリースだったのが、延期により一転リリース時期がわからなくなったので非常にがっかりしたことだけは強く覚えています。

リリースされたけど今一つの出来だった

私以外にもリリース当時多くの人が失望したことは確認できると思います。まった挙句の子の出来だったので結構強く失望したのは覚えています。

私は絶望が大きかったのでGT6は発売日は購入せず、様子見をしていましたが、GT5よりも評判を落としたかもと思うレビューを見ましたが、やっぱり一番のガッカリはForza 5はXbox oneでリリースしたけど、GT 6はPS3で出したことなのかなと思います。GT6はB modeもリリース当時実装しておらず、未完成品といわれても仕方がないものだったのだろうと思います。

だったらGT6 Prologue としてPS4に出したほうがよかったかもと思います。というのはForza Motorsports 5もXbox oneで出したのは良かったけどボリュームが少なかったことが批判されていたので、PS4に出していればそれほど批判もなかったのではないかと思います。

GT sportsが出るけど、周回遅れ

客観的にみるとPS4/ Xbox oneがリリースされてからGTは 2016年になって初めてのリリースです。プレーステーションではドライバークラブという製品がありましたが、残念ながらスタジオが閉鎖されたので商業的に成功したものとは言えなかったのではないかと思います。

GTがリリーされていないその間Forzaは毎年リリースしています。今年2016年はForza Horizon 3がリリースされ、おそらくHorza Motorsports 7も2017年のXbox Oneのアップグレード版のProject Scorpio のロウンチタイトルになるのではないかと予想しています。

やはり定期的にリリースするとそのたびに製品としては改良されているし、厳しいお客さんの意見もあるはずなので、それだけForzaのほうが鍛えれれているような気がします。

GT Sportsはいい製品かもしれませんが、ずっとリリースされていなかったので私としては周回遅れのイメージがあり、GT5/ 6でつけた悪いイメージを払しょくするぐらいのクオリティーの製品が出てくるとは今のところ想像できないし、そもそもPS4も持っていないので完全に様子見です。

ファーストのソフトの出来は非常に重要

たぶん、GT5がリリースされ、遊んで失望しなければPS4をすでに購入していた気がします。。

Xbox Oneを購入するのにはいろいろ理由があったのですがそのうちの一つにForzaで遊びたいということがありました。

Forza Motorsports 5/ Horizon 2は双方とも購入しましたが、どちらも満足ができる出来で、最新のGTというか続編だといってもいいぐらいの出来ではないかと思います。

個人的にはやはりリワインドできるのがいいです。超絶的な腕がなくてもそれをすることでやり直しができるのがいいし、ちょっとくらいパワーがなくてもリワインドを使うことで勝てたりもできます。

やはりファーストの出来が良くないまたは期待できないとハードウェアの購入するのは私にとっては難しいです。

Forzaシリーズはこれからも購入します

今年でるHorizon 3は躊躇することなく発売日に購入できます。またMotorsports 6をまだ購入していないのはXbox oneを購入したのが6がリリースされたしばらく後で、Horizon 2が年末セールでとっても安く購入できたこと、6を購入すると5を購入することはなくなるので5を先に購入しました。

もしかすると次回作品で失望するかもしれません。そしたらGTを購入することを真剣に考えるかもしれませんが、そのようにならないだろうと強く感じています。

もしかして、失望したらこの駄文の5倍くらいの文章を書きそうな気がしますがそうならないように祈っています。

Forzaシリーズはお薦め

いまはそれなりのグラボがあるPCが必要なのでXbox oneがなくてもForzaは遊べるので、PCゲーマの方たちはいつでも試すことができると思います。

まずは遊んでみることをお薦めします。

Xbox oneを購入する価値があるくらい面白いゲームだと思います。

グランツーリスモにも期待したい

グランツーリスモに失望したという話を書いてきたが、考えてみればまだ今でも期待しているからではないかと気づきました。

グランツーリスモについて期待していなければ、言及することなく「Forza最高」ってことだけを言えばいいので、、、

グランツーリスモの1,2,3は中古で安く買えるかもしれないので今度見つけたら買おうかなって思います。また気が向いたら過去作品をレビューするかもしれません。

いわゆる思い出補正もあってGT5に対して厳しい判定をしていたのか時間があるときにでも確認したいと思います。

youtubeでゲーム録画をアップするときに権利関係で注意が出る場合

youtubeでゲーム動画をアップロードすると著作権の問題が表示されることがあります。その問題があるときにはアップロード後メールで送信されます。特に問題がないですが、その表示が自分は気になるので調べてみました。

もうすでの誰かの権利があるコンテンツを流すと

第三者のコンテンツと一致</a>したため、現在あなたの動画は収益受け取りの対象ではありません。あなたが選択した収益受け取り設定は、現在非アクティブになっています。
第三者のコンテンツと一致による注意

ここで動画の編集ページに表示される著作権のリンクを開くと、具体的に何が問題のあるコンテンツか表示されます。

copywriteYoutubeMention

youtubeで私がみた著作権問題はゲームに使われている音楽によるものだったので、BGMに流れる音楽を流させないようにするだけでyoutubeのシステムとしては収益問題にならないのではないのかと思います。

そこで、試してみました。

theCrue-motomoto
対応前

対応前は収益受け取りをみると問題があることが表示されます。

theCrue-change
対応後

指摘された部分をカットし、指摘された部分の音楽の音量を小さくしたところ、収益の問題はなくなりました。

ほとんどみられていない動画なので収益とかはあまり気にしていないのですが、やはり問題を指摘されるのはあまり好きではないのでこれからは意識してこのようなことが表示されないようにしようと思います。

ゲームによっては音楽やBGMを流さないという設定ができるものがあるのでそのような設定をするのがいいと思います。

最後に

ここで説明しているのはあくまでもyoutubeが自動的に権利関係に問題があることを発見したときのことです。

ゲーム録画はゲームを遊ぶ人よりもゲーム制作者にあるといわれているため製作者が問題だと申告すれば配信を止めることもできると思います。

その点については注意してください。

追記

この記事をアップしたあと、ツイッターでリプライがあり、Xbox Fitness をアップロードしたところMS公式から著作違反で申告があり動画が削除されたことがあるとのことです。

ゲーム動画をアップしても収益受取を拒否されるだけでなく削除されること、またそのリスクがあることについては十分注意したほうがいいかもしれません。

最近、ニンテンドークリエイターを取得したとの近いうちに書きたいと思いますが、ようはそのような仕組みがない限りなかなか難しいかもしれません。

Xbox のオフ会に行ってまいってきました。

本日はxboxのオフ会2日目に参加させていただきました。

裸一貫XBOX男気祭り – TwiPla

参加をしたのは今回で3回目でした。1日目も参加したかったのですが、いろいろ用事があったため残念ながらいけませんでした。

今回の様子はアップしてもいいとのことだったのでお言葉に甘えて報告したいと思います。

からあげ酒場・池袋店
からあげ酒場・池袋店

場所は池袋で横浜から一本で湘南新宿ラインでいけました。

参加者を聞いてみたところ9名いらっしゃって、私以外の面々は1日目も参加されているとのことでした。本当に皆さんは仲がいいなと思いました。

メニューは唐揚げ食べ放題にしました。

もちろん、たくさん食べるので味は一種類だけでなくいくつもの種類が出てきました。店長さんに一通り出していただきましたが、食べきれないくらいでてきました。

karaage-sakaba-tennai-2

それ以外にご飯の食べ放題もつけました。

話したこと

最近遊んでいるゲームといえばForza 5ですが、中古で購入して積んだままのGears of Warを遊ぼうとか、ダウンロードしたけどほとんど遊んでいないZATとかの話ができました。

実際に私の周りではゲームをしている人が少ないというかゲームのことで話すことはないのでそのようなことができるこのオフ会は非常に私にとっては貴重な時間です。

また、ありがたいことに最近私が動画をアップしていること、また新たにドメイン(keisuke-yamada.yokohama)をとってブログをしていることを話題にさせていただき大変うれしかったです。

また同じ日にマイクロソフトさんでXbox 女子会が開かれたようでそのことも話題になっておりました。私が驚いたのは50名の方が参加されたとのこと、結構世の中にはゲームをされる女子もいらっしゃるんだなって思いました。

またほとんどの方がはお会いしたことはありましたが、また、初めてお会いできた方もいて大変うれしかったです。

次回ぜひご参加をください

主催している方々や、参加されている方は本当にゲームが好きな方たちで、ゲームの話題にはことかきません。私のようなXboxを触って間もない人間でも楽しいのでツイッターでオフ会のことを気にされている方は間違いなく参加すると楽しんでいただけると思います。

また、ツイッター以外からこのページにたまたまいらっしゃった方で気になる方でツイッターでオフ会の話題が見つからない場合はにDMするか、メール( keisukeyamada1970@gmail.com)などしていただいてもかまいません。

本当にゲームのことが好きな人たちが多く参加されておりますので、楽しい時間が過ごせれるのでないかと思います。

私もオフ会は今年3月に初めてでて以降、楽しんでいるので次回(以降)の参加をよろしくご検討お願いします。

自分のことをネットに書いたら完全に匿名でいることは難しい

これから書く文章は誤解される可能性が高いのであらかじめ書きたいポイントから書きます。

  • 無理に実名にこだわる必要はない
  • 自分の人となりを多くの人に知ってもらいたいならある完全な匿名は難しい
  • ブログを通して何らかの交流がしたいのであれば完全な匿名は難しい
  • 実際に匿名で何かを隠しながら書くのは自分にはできないので実名で書いています。

つまり、全員、私のように実名でブログを書けと言っているわけではないのでそのことについては誤解しないでいただけるとありがたいです。また顔を出す必要もないと思っています。

また、もしかすると多くの人は私が実名でtwitterやブログをするのは頭がおかしいとおもわれるのかもしれませんが、そのことについてなぜこのようにしているのか自分の考えを整理して説明したいので書いています。

そもそも完全匿名って難しい。

私の好きなブログで

Everything you’ve ever Dreamed

があります。

昔人気があって書籍化までされた呉エイジという方がいます。

Amazon.co.jp: 呉 エイジ:作品一覧、著者略歴

どちらの方々もそれなりに有名な人たちだと思うのでご存知の方が多いと思います。

お二人ともペンネームで書かれているので私のように実名で書いているわけではないですが周りのことを非常によく書かれているのでご本人に近い方々ほど書かれた文章を読めばだれか特定されるのではないかと思います。

もしかして意識的に本当ではないことを書いて特定させないということはあるかもしれませんが、本当にそのようなことを全てのコンテンツでしていたらここまで人気が出たかはよくわかりません。

別に私のように実名を出す必要は全然ないと思うのですが、ある程度面白いものを書くとすればある程度自分のことをさらけ出して書くことになるのではないかと思います。

ようはネットのことでいろいろ書き始めたら自分のことをばれないように書くことは非常に難しいと私は思います。

昔ブログとかホームページとか作りませんでしたか?

インターネットが出始めのころはプロバイダー契約をすれば、ホームページのスペースがもらえました。また、geocitiesとかが出てきて無料でHPが作れるようになるといろいろ簡単にホームページが作れるようになってそのまま放置することが多かったと思います。

考えてみると無料のHPスペースをもったところで多くの人にはHTMLを書くのは難しすぎたし、ライブドアのおかげでブログも一般的になったとはいえ、まだまだ敷居が高く、何回か記事をアップロードしたら飽きて書かなくなったことが多かったのかなと思います。

その中で何人かの人たちがまじめに面白いHPを作っていましたが、ほとんどの人が実際に周りに自分が書いていることがばれても上等みたいな気持ちで書いていたのかな?って今にしてみれば思います。

多分、そのような人たちは私が今書いているようなことは考えることなく楽しんでコンテンツを作って、アクセスがあることをモチベーションにして作っていたのだろうと思います。

動画をつくるともっと完全な匿名は難しくなる

最近youtubeに興味を持って動画をアップロードしていますが、やはり文章を書くより自分のことを隠すのが難しいのかなって思います。

たとえば、顔を出さなくて声を入れるだけでも、しゃべり方で性別、大体どこら辺の人かぐらいはわかるような気がします。

また、それが嫌で、音声合成などを使っている動画もありますが、いわゆる人気チャンネルの人ほど顔を出しているような気がします。

動画の場合、話されている人の表情も見たいので顔出しをしている動画が人気なのかもしれません。

少なくても自分の場合は顔を出していないチャンネルより顔を出しているチャンネルをみているような気がします。

自分の場合は匿名を装って書くのは難しいと感じる

先ほども書いた通り今までも無料のブログとかHPともって書いていたことがありました。

けど長続きしなかったです。

twitterも以前、今のアカウントとは違うアカウントを匿名でしていました。いまでもそのアカウントは持っていますが、使っていないです。

twitterを実名でアカウントを取り直したのはFacebookでなれたのもあるし、匿名アカウントだと実際にいつ誰かに自分の正体がばれるのかと思うと気が気ではなく楽しめなくなったところもあります。

ようは匿名で何かを書いても自分だけど、自分が普段見せていないことを書いていたりしてそれが知人が知ることになったら恥ずかしいかもと思うとなかなか思ったことが書けないようになり、そのうち書くこともすくなくなり、最後にはログインもしなくなり放置することが多くなるのかなって思います。

自分のことを知ってもらいたいと思っている

私も気がついたらあっという間に50前になりました。まだ(比較的)若く、元気なうちにネットでいろいろな方たちと知り合いなるチャンスがあれば積極的にあってお知り合いになりたいということがあります。

そうすると、実際にオフ会とかオンラインで話したりすると具体的にだれかまでは特定されることはなくても多くのことが相手にもわかるだろうし、それで私のことを隠す理由もあんまりないのかなと最近は思っています。

2016/ 6月のGame with Gold のThe Crewは遊ぶ価値が十分にあります。

Xbox のGold 会員であれば、Xbox one/ Xbox 360のゲームがそれぞれひと月に2本ずつ遊べるようになります。

2016年6月のGame with GoldではThe Crewが遊べるようになりました。

私はレースゲームといえばForzaがあるのでそれほど期待はしていませんでしたが、実際に遊んでみるとそれなりに楽しかったです。動画も撮ったのでぜひご覧になってください。

一番大きい理由はForzaとはゲーム性が違うからかもしれません。同じドライブゲームですが、ゲーム性といった部分では方向性が大きく異なります。

Forzaは実際はどうかは別にしてリアルな挙動を売りにしているところがあります。私はゲームなので実際のリアルとはそれほど相関性がないと思っています。がThe Crewでは運転自体はForzaよりも運転がうまくなったような気がします。もしかするとEA のNeed for Speedよりもその傾向が強いかもしれません。

オープンワールドのレーシングゲームといえばForza Horizonシリーズがありますが、こちらはこのゲーム程のストーリはありません。

また、いろいろクエストがあり、それをクリアすれば車がパワーアップしてできることが増えるようです。そういった部分ではロールプレイングゲームとよく似たゲームなのかなと思います。

あと特筆することといえばオープンワールドなゲームらしく結構作りこまれています。たとえば湖のほとりまで行けたりしました。またForza と同様、視点もいろいろ変更できるのですが社内のドライバー視点があったのは正直驚きました。

どちらにしても、Xbox Oneをお持ちの方ならこのゲームを遊ぶためにゴールド会員になることをお薦めできるくらいいいゲームだと思います。

役に立つ記事をできるだけ多く書き焦らずに待つことが重要

このドメインを取得したのが2016/6/16日で今日で一週間過ぎたところです。

残念ですが、当然ながらアクセスはとっても少ないです。ほとんどがTwitter経由のアクセスになります。アップした今日アクセスしていただいた方はtwitter経由の人だと思います。

会社のほうでもWebサーバーの管理はしていますが、相当長く運営しているので、当然ながらこちらのサイトよりもかなりアクセスが多いです。

一番人気のある記事は

シングルサインオンの仕組みについて (基本編) | アイディネットワークス株式会社

になります。この記事は”シングルサインオン”というキーワードで上位にランクされているためなのか結構アクセスがあります。

アクセスが必要ならグーグルで検索上位に来るのは非常に重要なことです。

グーグルに評価されるまでには時間がかかる

先ほどの記事はアップしたのが2014年4月2日ですが、アクセスが上がるまでに結構時間がかかっています。アクセスが上がり始めたのはアップしてから半年もたった後でした。
アップした時点でいきなりトップに上がるわけではないですし、グーグルがインデックスしてから上位にあげるまでに記事の質を検証して徐々に順位を上げているのだろうと思います。

グーグルで検索上位に来るのは長いスパンで見た場合安定したアクセス数を稼ぐのだろうと思います。このことに関する検証については1年後してみたいなと思います。

また、昔はSEOのテクニックで検索エンジンからのトラフィックを上げるテクニックはあったようですが、近年では検索エンジンとくにグーグルのアルゴリズムはかなり頭がよくなったのでそのような小細工は通用せず、仮にそのような手法を使った場合はペナルティが与えられ検索結果からはじかれることもあるようです。

なのでこつこつと書きたいことを見つけて、それが多くの人に役に立つような記事をコツコツと書いていくしかないような気がします。

アクセスをしていただくもう一つの方法
利用しているSNSとの連動

検索エンジンによるアクセスは時間がかかるうえ、検索上位にきてもそのキーワードがお客様にとって重要なものでないのでどうしても計算通りにアクセスが増えないかもしれません。

というのは、先ほど会社の一番人気のアクセスページは、狙って一番人気になるとおもって書いていません。

私のアップしたばかりのサイトでもある程度アクセスがあるのはtwitterでこのブログをアップした時に通知してフォロワーの方に通知されるからです。

私のTwitterのフォロワーは700アカウントなので、もう少しフォロワー数が増えるとアクセス数が増えるかもしれません。

Google + ではほとんど反応がなく、Facebook ではこのブログでは試していないです。Facebookのお友達でも私のブログを読みたい人がどれだけいるのかよくわからないですし、あまりポストするとうざいと思われるからかもしれません。

ただし検索エンジンとは違ってすぐにアップしたことを伝えれるのでSNSをしているのであればそちらのほうに通知することはとても重要だと思います。

ターゲティングが大事

このブログは私が書きたいことを書くためのブログという位置づけですが、やはりある程度読んでほしいと人をイメージすることが大事だと思います。

最近ふとブログを本格的にしてみようかなと思ったのは、最近いろいろなことが整理されたので時間ができ、何か初めてみたいと思ったからです。

娘が最近、ボカロ曲を聴くのにはまっていて、彼らのように何か表現したいことを多くの人に知ってもらうにはネットでブログとyoutubeを始めたいなと漠然と思いました。

そこで、いざ始めてみるといろいろなことを解決する必要があることに気づきました。そこでいろいろ検索して調べているのですが、自分が100%求めているものだけが出てくるわけではないので、自分で調べて、実践して、その結果がわかるものを当面の間は書いていきたいと思います。

このブログでの当面のテーマは

  • ブログを始めたけど何をするべきか、
  • youtubeで動画を上げるには何をしたらいいか

が当面の間書くことなのかなと思います。

動画もアップ当初よりは喋ることも慣れてきたような気がしますし、アップしている内容もよくはなってきているのではないかと思いますが、そのような検証も時がたてばしたいと思います。

できるだけ頻度を高めて更新し、
内容もできるだけ丁寧に書くこと

一つの記事だけで言いたいことは伝わらないはずなので、角度を変えて同じことを言及してもいいかもしれません。

あと、文章も長ければいいとは思いますが、短いと真意は伝わらないのでできるだけ丁寧に文章を書くことが重要だと思います。

短い文章で良ければ、twitterで十分だと思います。

youtubeを使って感じた事-アクセスだけでなく自分が楽しむにはそれなりの投資が必要

先日からyoutubeにビデオをアップロードしていろいろ考えることがあります。

たとえほとんどアクセスがなくてもそれなりに機材やソフトにお金をかける必要があるのではないかと考えています。

アクセスが増えて収入が入ればいくらでも投資ができますが、そもそもそんなに簡単に収益が上がるとは思えないし、そんなことを考えて動画を作っても本当に自分が楽しいと思う動画は作れないと思うので当然自分が用意できる範囲で機材を買う必要があります。

いままでyoutubeを始めることで投資したのはHDMIキャプチャー製品だけで、それ以外のカメラ、マイクなどは一切投資をしていません。

ずっとヘッドセットのマイクで音を入れていましたが、ノイズがのってくるのでAudacityでノイズを消そうと思いいろいろ考えましたが、結局いろいろ試していると余計音がひどくなっていくことに気づきました。

そこでWiiのカラオケ用にマイクがあったことを思い出して利用したところノイズがなくなってびっくりしました。そこでやはりノイズのことが気になってあまり作業が進まなかったことを考えるとある程度投資する必要があるのではないかと考えました。

これから購入を考えなければいけないことをリストアップしてみます。

ゲーム関係

もう一台のゲーム機(Xbox one S) またはPC

いまいろいろ作っている映像はいったん録画したものを保存して、あとで解説を足しています。

ただゲームを遊んで楽しんでいるまたは悔しんでいる様子を表現するにはあんまりよくない手法です。

私はリビングにゲーム機を置いているのですが、そこでゲームを遊びながら独り言を話すことはなかなかできません。なぜならほかに家族がいるからです。

そのため寝室にゲームをする環境を作りたいなと今のところ考えています。

映像制作用にPCを新調するのであればそのPCでゲームが遊べますが何分高いのでXbox One Sを購入するかもしれません。

wiiUは一つのアカウントを複数のwiiUで共有してセーブデータを共有できないし、そもそも入手することができないので寝室用にもう一台買うことは全く考えていません。

最新ゲーム

WiiUでは時間がたてばセールがあって安くなることはなかったので、比較的発売日に購入することが多かったですが、Xbox は毎週のようにセールがありそれを狙って安くゲームを購入していますが、アクセスがそれなりにほしいと思うと最新ゲームで発売日にアップロードするのが重要かもしれません。Forza Horizon 3は発売日に購入しようかと今思っています。

撮影機材

マイクスタンド

録音機材としては当面wiiのマイクが使えますがそれを固定するためのマイクスタンドが必要かなと思います。とりあえず、どっちもクリップで対応しています。もしよかったら参照ください。

ウェアブルカメラ

wiiUではゲームパッドをつかうので通常のゲーム録画だけだと楽しさは伝わらないかもしれません。

そこで今考えているのがウェアブルカメラをつかってその様子をとるとWiiUでのゲームパッドを使った楽しさがもしかして伝わるかもと思います。

Panasonic ウェアラブルカメラ ブラック HX-A1H
Panasonic ウェアラブルカメラ ブラック HX-A1H

ビデオカメラもしくは一眼レフと三脚

スマホのビデオカメラとWebカメラでも十分ですが、いずれは動画用のカメラを購入したいと考えています。

youtuberはビデオカメラよりも一眼レフを使う方も増えているようです。私はもともとPentaxが好きなのでPentaxを買おうかなと結構まじめに考えています。

PENTAX デジタル一眼レフ K-70 ボディ
PENTAX デジタル一眼レフ K-70 ボディ

録音機材

当面はwiiのマイクがあるのでマイクスタンドを購入すればいいと思いますが、ビデオカメラを買ったタイミングで新たに何か買うだろうと思っています。

スクリーンもしくはノートPC

寝室で何か作業をするときに誰かがいる可能性があるのでそれを仕切るためにスクリーンなど購入する必要があるだろうと思っています。

また、たとえばワイプ部分を取るときは別部屋で作業するためのノートPCがあればいいのかもしれません。

照明

最近のビデオカメラは優秀なので別途照明が必要でないかもしれませんが、やはりきれいに撮るためには照明が必要なのかもと思います。

またどっちもクリップの紹介の時も言及しましたが夜だと古いスマホだと30fpsが出ないので、そのためにも照明が必要なのかもと思っています。

PC関連

リアルタイム実況ができるゲームキャプチャー環境

今はまだリアルタイムでの実況は考えていません。というのは、私の動画をご覧になった方はお分かりになると思います、話すときに緊張しているのでとてもじゃないですが、実況をするのは難しいのかなと思います。

ただ、自分では動画を作るたびに慣れてきたと思うので、時がくればきっとしたいと思う時が来るような気がします。

Xbox oneではTwichでのリアルタイム実況ができるのでそれで満足する可能性が高いかなと思います。

GPUもしくはPCの新調

Vegas Edit 13を使って編集していますがレンダリングの時に時間がかかったのでやはりパワーアップすることで作業時間が短縮できればと思っています。

そこで調べてみるとOpenCLをサポートしているGPUがあれば十分、処理が速くなるかもとあったのでGPUをまずは購入するかもしれません。

ただPC自体何年か前に購入したものだので、リニューアルする可能性もあります。

やっぱりそれなりの投資が必要だと思う

最近、動画を作り始めて考えはじめたのは、アップロードするだけであれば投資はいらないと思いますが、今は多くの人が動画を作っているので同じ内容のものだった場合きれいなほうをみるだろうと思います。

ただそれがメインではなくやっぱり作り始めるとできないことのほうが気になってきました。

そこでお金で解決できものはやはり購入することを考えようと思います。

もちろん、投資しなくてもうまく作れる人はいるとは思いますが、できるだけ更新回数を増やそうと思うとストレスがたまらない環境が必要だと感じています。

Sony ビデオ編集ソフトVegas Pro 13 Editを購入しました

Windowsを使っていたら無料で利用できるMovie Makerを使っていましたが、編集する映像が長くなると結構動きがもっさりしているので編集が大変です。

たぶん、今の私には十分すぎる機能があるのですが、ピクチャー イン ピクチャーがしたかったのでいろいろ調べてみました。

無料だとAVIUTLでできるようで、実際に導入を考えてみました。

また、仕事で製品デモで動きを映像にする必要があったのですがMovie Makerだと出力で解像度をいじっていたりすると黒帯ができ、かなり中身の表示が小さくなったのでAVIUTLで編集しました。実際に無料でできることはいいのですが、ちょっと安定して動作しないこともあったのでほかに有料でもいいから何かソフトがないか調べてみました。

そこで、2,3か月前にソースネクストでソニーのプロ向け動画編集ソフトが大幅ディスカウントをして販売していたのをうろ覚えしていたのでググったらちょうどその日の前日からセールをしていました。

ソニーのソフトは、ソースネクストで|SONY製品|ソースネクスト

もちろん購入する前に、いろいろレビューについて調べてみましたが、私がこの前レビューしたHDMI キャプチャー製品よりも多くのレビューがありどれも好意的なものでした。

そこで購入することにしました。HDMIキャプチャーを購入するよりは気軽に購入できました。

処理が軽い

いろいろしたいことはあったのですが、機能が多い分、操作はMovie Makerよりは複雑なので当初はMovie Makerで編集できる内容(もしくはそれ以下)のものしか編集できませんでしたが、動画をトリミングするだけでも処理は軽く、レンダリングも速かったのでそれだけでも購入してよかったなと思いました。

チュートリアル チャンネルがあった

操作が難しいと感じていたのですがyoutubeで奇特な方がチュートリアルビデオを公開していただいていたので拝見したところ私でもワイプの動画が作れるようになりました。

私がワイプを使った最初の作品はこちらになります。

私でも簡単に使えるソフト

チュートリアルを作っていただいた人のお陰なのですが、その方のおかげで私でもしたかったことができました。

また今回はかなり安価に購入できましたが、おそらくディスカウントなしで購入していたとしてもそれほど不満がないくらいよくできたソフトだと思います。

もっともディスカウントがなければ購入することはありませんが、予算があればディスカントがなくても購入は検討していい製品だと思います。

この製品が気になっていて購入を迷われている方がいれば、ディスカウントの時であれば絶対に購入することをお薦めするぐらい私は満足しています。

陳家私菜 五反田店で麻婆豆腐を食べてきました。

今日は夜仕事があったので会社に通う時にいつも前を通っていたのでいつかは入ろうと思っていた近くの陳家私菜 五反田店に行ってきました。

元祖 頂天石焼麻婆豆腐 です。出された後もしばらく沸騰していました。

ココイチではいつも10辛を頼みます。またその手のレストランでは大体一番辛い物を頼むので当然のように激辛を食べましたが、やはりコンビニ、スーパーで購入できる激辛食品よりも一段と辛かったです。

また、辛さより石鍋でかなり長い間熱いのが食べるのに時間がかかりました。

食べ終わったときは汗がたくさん出ましたが、食事を終えてから30分経った今でも汗がひかないので、相当な香辛料が入っているような気がします。

辛い食べ物は好きですが、もう年なので健康を考えてそろそろ激辛料理を頼むのをやめる年なのかなと思いました。

どちらにしてもどのような味かわかったのでしばらくは食べなくてもいいです。

あと、私の年齢だと一人分としては量が多いような気がします。

麻婆豆腐としてちゃんとしていておいしいですが、辛いのが好きな方でも最初から激辛にしないほうがいいと思いました。

麻婆豆腐がお好きな方は一度試されてもいいと思います。