町山さんをミュート中の山本一郎さん、自己弁明のブログを上げるが町山さんに反応せず




先日上げたブログでも紹介した通り山本一郎さんは自分から町山さんに絡んでおきながら、過去の山本さん自身の発言の真偽を確認されただけでミュートして一切反応してませんでした。

山本一郎さん 町山智浩さんにからかわれる。逃亡中だけど逆転を狙っているんでしょ!

正直いって山本さん以外が発言した内容なら、山本さんの態度はわからないでもないですが、ご自身で発言した内容については責任をもって回答するのが当然だと私は考えています。2017/ 2/17 にアップされました。

過剰なご批評について

多分、山本さんは「ご批評」ではなく「ご批判」と書かれたかったのかなと思います。毎日のように「今日はいい一日だったと」ツイートしてますが最近はお疲れなのでこのようなミスをされるのかなと思います。

私の読解不足なのでしょうか。山本さんがおっしゃられていることが正しく理解できません。おそらくですが、彼が批判している発言について具体的なポインターがなく、彼の中で町山さん達が言っていると勘違いしている部分があるからです。




続きを読む 町山さんをミュート中の山本一郎さん、自己弁明のブログを上げるが町山さんに反応せず

山本一郎さんの経歴について調べてみる -1プロフィール編

最近、町山さんが山本一郎さんについて経歴詐称しているのではないかと疑問を呈し、守秘義務を盾に彼が経営しているはずの会社や事業について一切情報を出さずなおかつミュートして一切返答しないようにしています。

山本一郎さん 町山智浩さんにからかわれる。逃亡中だけど逆転を狙っているんでしょ!

実際にどのような仕事をしているだろうと思いネットで彼が公開している情報をもとにしらべてみました。

山本一郎さんのプロフィールを見てみよう

まずは彼がどのようなプロフィールを彼がよく使うSNSやブログのプロフィールを

Twitterのプロフィール

山本一郎(やまもといちろう)
@kirik
投資家、作家。育児や介護がだんだんと人生のメインに… なるだけ頂戴したメンション返しますが、流れが速いと読んでないので返信されなくても泣かない。東北楽天ゴールデンイーグルス・データ担当アドバイザー、EVO-Japan 運営委員、東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員など。穏便な人柄です。

lineblogのプロフィール

やまもといちろう

Ichiro Yamamoto

個人投資家 / 作家 / 調査する人

投資家、作家。育児や介護がだんだんと人生のメインに… なるだけ頂戴したメンション返しますが、流れが速いと読んでないので返信されなくても泣かない。東北楽天ゴールデンイーグルス・データ担当アドバイザー、EVO-Japan 運営委員、東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員など。転んでも泣かない。

山本一郎の記事一覧 – 個人 – Yahoo!ニュース より

山本一郎
個人投資家・作家

IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる。統計処理を用いた投資システム構築や社会調査を専門とし、EVO-Japan 運営委員、東北楽天ゴールデンイーグルス・アドバイザー、東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員など現任。東京大学と慶應義塾大学とで組成される「政策シンクネット」の高齢社会研究プロジェクト「首都圏2030」など、社会保障問題や投票行動分析に取り組む。「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

ここでは大体同じようなことを書いています。同一人物なので当たり前といえば当たり前なのですが、とりあえずまとめてみます。

  • 個人投資家
  • 作家
  • EVO-Japan 運営委員、東北楽天ゴールデンイーグルス・アドバイザー、東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員など

ここで私がわからなかったのはEVO-Japanというものですがこれはどうもゲーム関係の組織らしいです。

東北楽天イーグルスでは「チーム戦略室 アドバイザー就任に関して」で紹介されています。

メンバー 東京大学 政策ビジョン研究センター」では、「山本 一郎 / Yamamoto Ichiro 株式会社イレギュラーズアンドパートナーズ 代表取締役社長」と書かれています。どうもこれが山本一郎さんの経営している会社になります。この会社についてはいろいろあるので次のブログで書いていこうと思います。





続きを読む 山本一郎さんの経歴について調べてみる -1プロフィール編

山本一郎さん 町山智浩さんにからかわれる。逃亡中だけど逆転を狙っているんでしょ!

注意: この文章は山本一郎さんが自己弁明のブログを書く前のものになります。
残念ながら私がこの文章でしてした通りにもし今までおっしゃっていたことが正しければ大逆転できたはずでした。しかしながら山本さんが選択したのは今までいろいろな方に指摘されてきた疑問点についてはなんら晴らさずに家族を持ち出して同情を買うようなブログを書きました。こちらにその様子を書きましたのでもし興味があればご覧ください。(2017/2/19 追記)

————–

昨年、一部で有名なブロガー 山本一郎さんに因縁をつけられ馬鹿と指摘されました。

山本一郎さんに馬鹿と指摘されました。

もともと、町山さんと山本さんは論争していたのですが町山さんは体調を崩されたので相手にできなくなったのですが、ネットでは著名人にほとんど勝ったことがない山本さんは嬉しかったのでしょうか喜んで以下のツイートをしていました。

復活した町山さんに思いっきりからかわれる

私が先に上げたブログで指摘した通り最終的には思いっきり彼はからかわれるようになります。正直みていて山本さんに同情したくなりました。

もう山本さんは突っ込まれまくり町山さんにはミュートして反応しないと宣言しています。

もともとは彼から売った喧嘩なのにミュートして逃亡することになったのはかっこ悪いと思います。




続きを読む 山本一郎さん 町山智浩さんにからかわれる。逃亡中だけど逆転を狙っているんでしょ!

山本一郎さんの「パスワードの定期的な変更」についての考えをみてYahoo ジャパンのクオリティについて疑問を持つ

先日、山本一郎さんに馬鹿といわれてから彼のことをウォッチしていますが、非常に質の低い記事がアップされていました。

勘違いしてほしくないのは山本さんに馬鹿といわれて腹が立ったということでは全くなく、セキュリティ製品を売っている身として常識的でないことを指摘する必要があるのではないかと感じたこととあと掲載先のYahoo ニュース個人としてもある程度記事の質を担保しなければ、結局やっていることは去年問題になったキューレーションサイトと一緒でアクセスがあればいいのかと疑問に思ったことです。

セキュリティどころか企業のシステム運用について全く知らないのではという疑問





続きを読む 山本一郎さんの「パスワードの定期的な変更」についての考えをみてYahoo ジャパンのクオリティについて疑問を持つ

山本一郎さん関連記事一覧

もともとあった記事はこちらにあります。

いろいろいままで書いてきましたが、すべてのブログはほとんどの人が読むものではないので、いままで書いてきたブログの紹介をしたいと思います。

山本一郎さんとは?

山本一郎さんは同姓同名がたくさんいらっしゃいますが、ネットでブログや時折様々なWebサイトで記事を書いている人です。

最近ではテレビでのコメンテーターをされています。

私は思うところがあって山本一郎さんについて書いてきました。そこでここでは今まで書いてきた記事について、解説をしたいと思います。

また、山本さんの記事についてはこれからもどんどん追加していく予定なのでその都度このページを更新していくつもりです。




続きを読む 山本一郎さん関連記事一覧

ヒトデさんをみてブログを真っ当に楽しもうと思う人が増えたらいいなと思う。

私はヒトデさんのことをすごく尊敬しています。ブログでお金を稼いでも、どこかのプロブロガー先生とは違い人のことを馬鹿にしないからです。またサラリーマンをやめずに兼業ブロガーとして頑張っていくといった姿勢は私は素晴らしいと思います。ブログで稼げるといっても安定した収入があるサラリーマンをやめるのは無謀だし、それを人に勧めるのは情報教材を売りつけるだけが目的だろうと思うからです。

プロブロガーにあこがれる若い人もヒトデさんのブログを読んで、会社員を続けながらも稼げるので無謀にも会社をやめてプロブロガーや新卒フリーランスに挑戦することをちょっと思いなおしてほしいと真剣に思っています。

ブログで稼げても専業にしている人ばかりでない

先日、私が尊敬しているヒトデさんのブログについて私がいつも批判しているプロブロガーがツイートしてました。

ただし、この記事を読むと、かなりプロブロガー先生の手法について批判的なことがよんでわかります。

特に何かを売りつける気は無いし、サロンへの勧誘もしません。ちなみにここに来るまでサロン等には結局1つも入りませんでした
必要な情報は基本的に全部インターネットに無料で落ちてました
この記事がそんな情報の1つになれば幸いです

また「ましてや炎上何てもってのほか」とも書いています。

プロブロガー先生の主張や行動を真っ向から否定しています。そもそもプロブロガー先生はこの記事をちゃんと読んでツイートしたのか、またちゃんと読んでツイートしたのかは真面目に聞いてみたいところです。

プロブロガー先生の目的は何だろう?

プロブロガー先生は人気者のヒトデさんにサラリーマンをやめるようにことあるごとにツイートしたりブログで記事を書いていたりします。

そもそも、ヒトデさんは結構早いうちにプロブロガーになることは断っていたりします。

最初はプロブロガー先生にほめられたのは嬉しかったのか素直に喜んでいます。(もしかして大人の対応なのかもしれません)

追記:イケダハヤトさんに言及されました

うわああああああプロブロガーだああああああああ!
そんで「いいから早くやめてこっちに来い。な?」だうわあああああああ!

牙と爪磨きまくっておきます。(貯金をしながら)
めっちゃ褒めてくれてありがとうございました!

ただし、これから結構早い時期にプロブロガーの弟子になるのは否定的なツイートをしています。

また彼は専業でブロガーはやらないと宣言しています。

普通によめばプロブロガー先生がすすめていることは彼はかなりストレートに否定しているのは読めると思います。プロブロガー先生はきっといまでもヒトデさんに尊敬されていると思ってるのかもしれませんが、そうでなく彼の信者に対してのポーズなのかなって思ったりもします。

けど、普通によめば先生のことは否定しているように見えるんだけどな。

ブログは人のために書こう

私もブログを書き始めても一向にPVが上がらないので炎上でもしたくなる気持ちはわからなくはないですが、炎上するのもそれなりに才能がいるので難しいかなって思うしそもそもはて場ブックマークでいくつかついてPVが増えたと思っても次の日はさっぱりということがあります。

ヒトデさんが「働きながら雑記ブログで月間100万PV達成してるから、自分なりのアクセスアップの方法・考え方を全部書く」を書く前に私もいろいろ調べたのですが、全く同じように人が調べたいものを書いていけばアクセスはそれなりに増えると主張しているひとがいました。

ブログを書くのは楽しいけどアクセスが多いほうがいいので調べてみた

私もいずれゲームソフトを買えるぐらいは稼ぎたいなって思いますが、それよりもまずは人が喜んで見てみたいと思うコンテンツを書くことが重要でないかと思い、この記事を書いてからはSNSの流入ではなくいずれ検索からの流入が増えるような記事を意識的に書こうと思っています。

要はなにか調べたいけどウェブにまだだれもちゃんとまとめていない記事を書くことがいいし、たとえそれがすごいアクセスはなくても検索で発見した人にとっては貴重な情報かもしれないと思って書くことが一番重要なことでないかと思います。

その視点で考えるとPV重視や炎上狙いはあまりいい手でないと思います。

最後に

私はプロブロガー批判をしていたのですが、いろいろ書きつくしたので今年はそのプロブロガー恒例の収益発表で矛盾した点を指摘するまで書くことないと思っていましたが、ヒトデさんが素晴らしい記事を書き、プロブロガー先生がそれに媚びるようなツイートをみてついつい書きたくなりました。

私もヒトデさんのようなブログをかけるようになりたいなと思い、努力したいと思います。

またヒトデさんのこれからの活躍に本当に期待しています。

ブログを書くのは楽しいけどアクセスが多いほうがいいので調べてみた

ブログを始めて4か月でもう少しで5カ月になります。最近はツイッターで更新情報を上げなくても毎日更新しているだけで毎日普通に100PVは超えるようになっていきました。

他の人と比較しなくてもあんまり意味はないと思いますが、最近見たブログで結構参考にしたいと思ったブログがあります。

10万PVといえば一日にならすと3,000PVです。

この方の記事をみると検索流入を広く意識しているようです。確かに調べてみるとGoogleで「PS4 おすすめゲーム」で検索すると3番目に出てきます。

Googleでの検索流入を狙う方法は

いくつか調べてみましたがよく書かれているのはになると思います。

全然人の来ないブログから、すこしは見てもらうものにするにはのABC

検索上位にでたいのであれば、どのキーワードで上位に出たいかを考える。そのためには前述のように人が読みたい内容のものを書かないとダメなんです。Googleの基本は「ユーザーが探しているものとドンピシャのものを上位にする」ですから、その通りになれば検索してたどり着いてくれます。たとえぱ「インテリア」で1位になるためには(ビッグキーワードなのでほぼ不可能ですが・・)、「インテリア」で検索する人がどういうサイトを探していて、どういう内容なら満足するかを考えてその答えを用意すれば良いだけ。

結局、先のブログでも自分が書きたいことについてまとめているだけでなく多くの人が見てみたいものをまとめているから検索上位になったのだということだと思います。

結局、SEOとかテクニック論になりがちですが、自分がいろいろ調べたいと興味を持ったことについて整理するのが一番手っ取り早い方法なのだろうと今のところ考えています。

誠意ある態度で書き続ける

炎上といえば、イケダハヤト先生ですが彼のようにずっと炎上をし続けてアクセスを集めています。ただ彼のように燃やし続けてアクセスを集めれる人は限られていると思います。

こちらの記事では焦って炎上狙いをしたくなるのとは抑えて、結果が出るまでに長い時間がかかるということを考えたほうがいいと主張しています。

ネットでの収益を考えるなら、

最低でも3年、できれば8年ぐらいのスパンで

長期的な視野に立つことが大切だと思う。

冒頭で紹介したブログでは5カ月で1万PVと私とは全然違うくらいアクセス数を増やしているのでついつい焦っちゃいますが、焦らずに楽しんで書くことが一番重要なことでないかと思います。

まとめ

いままでアクセス数が増えなかった理由はいろいろあると思いますが、どのような人が見たいのか全然検討もつけず書いていきました。

もちろんゼノブレイドのプレイ日記を書いていることは楽しかったのですが、ほとんど誰も反応していただけなかったのでニーズがなかったんだろうなって思います。

できるだけ多くの人に読んでいただきたいのでできるだけ多くの人がGoogleで調べたいことを考えてそれで自分が書きたいものを選別して書いていくように今週からはしていきたいと思います。

ただ、私のブログも100記事以上になりましたが、一記事当たりのアクセス数は少ないですが、いろいろな記事を読んでいただいています。一つ一つの記事のアクセスは少なくても一つの記事で1日10PVあれば100記事で1000PVになるので月間3万PVになります。

なので1日10PV読んでいただける記事を1日に1本書くように努力していきたいと思います。

批判したいときは誰がなんて言おうと遠慮なくしたほうがいいと思う

私は最近、いろいろ思うところがあってイケダハヤト先生に憧れる若者に警鐘を鳴らしたいと思ったのでこのひと月ほど彼についていろいろしらべて書きました。

ただ、イケダハヤト先生について書きたいことは終わったのでしばらく彼のことについては何かあらたなニュースがない限りしばらく書かないだろうと思います。

ツイートで愚痴るんでなくブログで誰に対する反論なのかちゃんと書いてくれないかな?

先日あるツイートを見たから彼の批判をやめようと思ったわけではありません。

なにか気にくわないことがあってもそれを指摘すると他に興味が持つ人がいるので逆効果になるといった理由です。

問題があると思えばちゃんと批判するべき

そもそも論ですが、アクセスがほしいからイケダハヤト先生を批判する人はいると思いますが、その批判がいい加減なものであれば誰も読んでくれません。

ちゃんとした批判であれば、彼らプロブロガーの怪しいところはほとんどの人に伝わるはずです。確かに先のツイートのようにある一人の人がイケダハヤト先生について心酔しても100人の人が問題点を理解すればそれは意味があると思っています。

試しにイケダハヤトで検索すると本人のブログやWikipediaが出てきますが、次の検索結果は私もたびたびリンクしている

になります。その他にも検索1ページ目に批判記事が出てきます。

まとめサイトの問題をみるとやはり問題だと思うことはちゃんと声を出していうべきだと思う。

最近、ゲハのアフィリエイトブログについていろいろ考えてみた。

まとめサイトや悪質なアフィを心底嫌う人がいる話

また、そのタイミングでこのツイートをみた。

実際は、一番初めにあげたツイートをみて、なるほどと思った部分はありますが、このツイートを見て問題があると思ったことについてその時に声を上げないと後で後悔するだろうと思いました。

ちなみに「まとめサイト」で検索しても検索10件以内に「イケダハヤト」で検索した時のような批判記事は出てきません。

まとめサイトの問題点について誰かが書いたら10件以内に表示される可能性があるので頑張って書いていこうと思っています。

まとめ

批判記事を見て、スルーしろっていう人の気持ちはわからないではないです。

なぜなら、自分が興味がないことに対して言及するのを多く見るとうざいなって思うからです。

ただ、なぜ多くの人がそれが悪いのか批判する理由があることは理解していただきたいなと思います。

ネットでは嫌なものをみるとスルーしていると問題だと思っていることも多くの人に問題だと思われないようになることがあるのかなと考えます。

ネットで不快なものを見たら、不快だと表明し批判することは重要だと思います。

まとめサイトや悪質なアフィを心底嫌う人がいる話

先日書いたゲーマに嫌われているアフィサイトはもともとは2ちゃんねるのまとめサイトであった。

彼は任天堂が嫌いなのではない、ただ金が大好きなだけだ

この記事は公開した後、はてブされたので結構なアクセスをいただいた。いままでの中では公開後1日で一番読まれた記事になる。

そのため、多くの人がまとめサイトに問題があることを意識してアクセスをしてくれたのだなと思う。

今回の記事では実際に多くの人がまとめサイトや悪質なアフィサイトについて嫌っている人の話をしたい。

面白いからといって簡単にリツイートしないで

私は、「はちま」や「ゲーム速報刀」など問題があるサイトの記事をリツイートする人は何も言わないでブロックするようにしている。

そのような質の低い記事を広める人間はたとえ悪意はなくても人間としての頭の良さを感じないから、話し合っても無駄だろうと思うからだ。

不必要に興味を引くようなタイトルも問題だが、事実にないことまで書いてアクセスを集めるサイトを管理している人はもちろんだめだが無批判に受け入れて面白半分でそのような情報を拡散する人はやはり好きになれないからだ。

このような記事を書いたり、その記事を載せたりする人は思っていることよりアクセスをしてもらうことが大事なので、人の感情をイラつかせたりするコンテンツを書くことを主としているからだ。

実は問題が多い剽窃コンテンツ

はちまとかゲーム速報とかはもともと2ちゃんねるのまとめサイトだったので、面白いと思ったスレをピックアップしてその情報を、おもしろおかしく編集していた。

この場合二つの問題がある。

  • スレに書き込んだ人は匿名とはいえ著作権はそのサイトの管理者にないので引用ならともかく、レスをそのまま載せているので盗用の可能性が高い
  • スレの内容を編集しているのでスレ主が言いたいことと違うことを主張しているように見えること

2ちゃんねるはいまでもそこそこ人気があるがかつてはすごい人気が高いサイトであった。2ちゃんねるは楽しいのだが、すべてのスレに目を通そうにもあまりにも多くのスレがあるし、スレ番号をベースにスレッドが成り立つのだがHTMLでしか表示しない2ちゃんねるをWebブラウザーで見るのは難しかったので、2ちゃんねるブラウザーが登場した。またスレを読みやすいように整理したのがまとめサイトだった。(ブラウザーとまとめサイトのどちらが先に登場したかについてはあとでまた調べようと思う)

盗んだコンテンツで金儲けはけしからんという考え方

最近でこそキューレーションサイトがあり、そこでお金を得ることもできるようになっているみたいだ。

2ちゃんねるまとめサイトはキューレーションサイトの元祖みたいなところがあると個人的には思う。理由は多くのスレから本当に面白いやり取りを見つけ出してそれを編集することであるので相当な労力を使っているので相応の収入があってもいいのかなと個人的に思わないでもないが、もともとの情報がそのひとが書いたものではないというところは問題だと思う。

自分で作ったコンテンツでお金を儲けるのは文句の言いようがないが、人が書いた文章を盗んで、編集することで事実をまげて面白おかしくすることでアクセスを稼いでアフィで稼ぐのはゆるさないといった考え方である。

それが行き過ぎるとアフィ自体問題にする人がいたが(いまでもいるが)、よくよく考えたら2ちゃんねるの管理者であったひろゆきも2ちゃんねるに著作権があるといって印税を稼いでいたのでそのことについては今思えば変な議論だったなと思うのだが、このあたりについてはまた記事にしたいと思う。

最近はやりのプロブロガーとやっていることは一緒

最近プロブロガーについて調べてきたが先の記事でも上げたようにプロブロガーは有料セミナーとかでブログでの炎上の仕方をレクチャーしているらしい。

結局、このあたりの方法論は昔から変わっていないのでこれからも一見違う方法にみえて本質的には似たような手法でこれからも私たちをがっかりさせることもあるだろうと思う。このあたりについては「嘘でもアクセスがあれば価値があるといわれる風潮の問題点」といった内容で記事を書いてみたいと思う。

ツイートで愚痴るんでなくブログで誰に対する反論なのかちゃんと書いてくれないかな?

イケダハヤト先生についていろいろ書いてきたが、いま一通り思うところは書いてみたので、しばらくは別のことを書いてみようと思っています。

ただ一つ、イケダハヤト先生については残念だなと思うところがあります。

たまに彼の批判記事を見たのか感情的になって以下のツイートすることがあります。

イケダハヤト先生が本当にプロなのかよく考えてみよう

でも言及しましたが彼は反論しないのでなく本当はしても反論になっていないレッテル貼りをするだけなのでできるだけ反論しないようにしているのだなと思います。

まあ先ほどのツイートに関していえば、「本人に関係ない東京や大企業に執拗にいちゃもんつける人々は、リアルに病気なんだろうなぁ…。しっし。あなたの病気をうつさないでください。遠くで幸せになってね!」って自分にブーメランになってかえることを言っているだけなので私は彼のツイートは嗤うしかないのがただただ残念です。

まだ弱小ブロガーだからほとんど誰も意見しないけど正直うらやましい

残念ながら私は弱小ブロガーなのでほとんど誰からも議論を吹っ掛けられることはない。

ただイケハヤ先生の状況をみてうらやましいなって思うのが正直なところだ。たぶんイケハヤ先生を言及する人は完全に嫌いなのでないと思う。

というのは本当に嫌いであれば彼のこと言及せずにスルーすればいいだけだからだ。彼の問題点は世間知らずな若者を煽って、正社員にならないように説得して世間一般から外れた選択しかできないようにすることは社会的にすごく問題であると思うから書いているが、本当に嫌いかといえば疑問があります。

イケダハヤト先生について私はネット以外では誰とも話題にしていないので、普段は全く考える必要は全くありません。批判するのは彼に騙される人が一人でも減るようにと思ってやっていることでもイケハヤ先生に興味があるから書き続けることができるんだろうなって思います。

自称月商300万円は全然うらやましくないけど、イケハヤ先生のこと言及してくれる人が多いのはすごくうらやましいです。

ちょーもったいない

私がもったいないなーと思うのは私以外にもたくさん批判する人がいるので最近のつまらない記事よりは、イケハヤ先生に意見に対して反論するほうがよっぽど面白いのにと無責任に思ったりしています。

イケハヤ先生のコンテンツで唯一読んでみたいのはイケハヤランドだけであとの記事は「電通はブラック企業」と主張し始めて最後は自画自賛して田舎に来いと言っているので正直何が言いたいかよくわからない質がすごく低い記事しか最近ないのでそれであれば多くの批判者に対して記事をバンバン書いてほしいなと思います。

まずはブログ部

「まだ東京で消耗してるの?」イケハヤ氏の炎上商法。

イケダハヤト先生について鋭い指摘がおおい「付利意雷布亜(ふりいらいふぁあ)」さん

多分イケハヤ先生のことが大好きなHagex先生

イケハヤ先生と一時期交流があった道路さん

「地方に住む」とはどういうことか地方住民が実情を解説します 「まだ東京で消耗してるの?」に惑わされないために

なんか書き始めるとすごいたくさんいます。まだまだいらっしゃいます。時間があるときにでもリンク集作ります。

イケハヤ先生への期待

多分反論しようにも『【本日のクソリプ】よっしゃー、パパ晒しちゃうぞ!』にあるようにレッテル貼りしかできないと思いますが、頑張って反論したほうがウォッチャーとしては面白いなって無責任に思います。

いやー、まさに社会の底辺ですね。平日の昼間に何をしているんでしょうね〜。ふふふ。500円のオンラインマガジンを購読できないくらい貧乏人なのでしょう!

って言っていますが、有料記事が500円ぐらいの価値がないと指摘されているだけなのに買わないから社会の底辺で貧乏人という結論をだすのかニヤニヤ笑えるのでぜひ挑戦してほしいなって思います。

最後に

ひととおり彼については書きたいと思ったことを書いたのでしばらくは彼のことを書かないと思います。

ただどうしても言い残したことがあると嫌なので今日文章を書くことにしました。

もちろん、私は弱小ブロガーなのでイケハヤ先生の目に留まらない可能性が高いですが、もしこの記事を目にしたら私(だけ)ではなく多くの批判者に対してツイートで愚痴を言わずちゃんとブログで書いてほしいなって思います。

おそらく今年の年末ぐらいに彼はいつものように収益発表をするのでその時に私が気づいたことを書くと思います。

イケダハヤト先生はある意味たいへん正直な方なので書いたことによる矛盾が分かりやすいかたちで出るのかなと思います。とくに2016年は彼にとって前半はウハウハで舞い上がって調子に乗っていた分、後半は収入がかなり減っただろうと思うのでそのあたりについてどのようにごまかしていうのか今から楽しみです。