VisualStudioのLocalDBサンプルで問題がある場合の対処方法について (MS SQL LocalDBアップグレード問題)

先日、C#の勉強のために TECHNICAL MASTER はじめてのASP.NET Webフォームアプリ開発 C# 対応版 を購入しました。

TECHNICAL MASTER はじめてのASP.NET Webフォームアプリ開発 C# 対応版 ~ アマゾン

サンプルをダウンロードしたところDBが正しく読めないということが発生しました。そこでいろいろ試してみたところ対処方法がわかりました。

原因

私の環境では Microsoft Visual Studio Community 2017を入れていましたが、この本では2015を利用してます。

Visual Studio のMS SQL LocalDBを本では使っているのですが、Visual Studio 2017と 2015ではMS SQLの LocalDBのバージョンが異なり、残念ながら双方に互換性がないため動作しませんでした。

対処方法

Visual Studio 2017はMS SQL 2016のLocal DBが入っており Visual Studio 2015にはMS SQL 2014のLocal DBが同梱されてます。

MS SQL Express 2014をインストールし、環境を整えることで対応できるようになります。

一 Microsoft SQL Server 2014 Express ダウンロード

Download Microsoft® SQL Server® 2014 Express from Official Microsoft Download Center

ここからMicrosoft SQL Server 2014 Expressをダウンロードしてください。

Microsoft SQL Server 2014 Express 選択

LocalDBをインストールすればいいので LocalDB 32BIT\SqlLocalDB.msi とLocalDB 64BIT\SqlLocalDB.msi を選択し次へをクリックすると  SqlLocalDB.msi がダウンロードされるのでそのファイルをダブルクリックしてインストールしてください。私の環境はWindows 10 64bitですが無事にダウンロードできました。

二 LocalDBの登録と確認

実はインストールしただけでは使えません。Visual Studioからみて呼び出すための仕組みがまだそろっていないからです。登録されたLocalDBはコマンドプロンプトから sqllocaldb info を実行することで確認が可能です。

MSSQLLocalDBとProjectsV13はSQL 2016のLocal DBです。残念ながら、これだとサンプルは動作しません。

ここでインストールした2014のLocalDBを使うために登録する必要があります。

Creating SQL Server Express LocalDb v11, v12, v13, and MSSQLLocalDb Instances

この例だと、インスタンス名はv12.0になるため ProjectsV13 に合わせるために ProjectsV12 で登録しようとする場合以下のように実行します。

“C:\Program Files\Microsoft SQL Server\120\Tools\Binn\SqlLocalDB.exe” create “ProjectsV12” 12.0 -s

これで実際に追加されたことは確認できました。

 

三 Web.config の設定

Visual StudioではGUIの部分からDBインスタンスを変更できないので直接設定ファイルをいじります。Web.configの

<add name=”ConnectionString” connectionString=”Data Source=(LocalDB)\MSSQLLocalDB;AttachDbFilename=|DataDirectory|\DatabaseSample.mdf;Integrated Security=True” providerName=”System.Data.SqlClient”/>

赤の部分を(LocalDB)\ProjectsV12 に変更してください。

<add name=”ConnectionString” connectionString=”Data Source=(LocalDB)\ProjectsV12;AttachDbFilename=|DataDirectory|\DatabaseSample.mdf;Integrated Security=True” providerName=”System.Data.SqlClient”/>

これでサーバーエクスプローラーからいつでも確認できるようになります。

最後に

これからもSQL サーバーがバージョンアップしてLocalDBの互換性が保証されないことがあるかもしれません。

DBバージョンの変更はこのようにできるということが理解できました。

私も今回ググってようやくわかったのですが、昔からされている方たちには常識だからなかなか情報がでてこなかったのかもと思います。

参考にしていただければと思います。


Nginxにphpmyadminを導入しました Kagoya VPS OpenVz




既存のWordpressブログを他のサーバーに移転する場合、いままで使用していたデーターベースを移転する必要があります。

MariaDBは基本的な動作はMySQLと同様なのでコマンドラインで動作させることが可能ですが、Webインターフェースのほうがわかりいいのでよく利用されているphpMyAdminを利用します。

前準備

phpMyAdminをインストールする前にいろいろなプログラムをインストールする必要がありますが、Wordpressのために導入したプログラムがあれば、追加インストールする必要はありません。

以下のページを参考にしてください。

Kagoya Open VZにnginx + WordPressを導入しました。(CentOS7 64bit)

phpMyAdmin

phpMyAdminのホームページにアクセスすると右側の上にダウンロードのボタンがあるのでそこをクリックしてダウンロードしてサーバーにアップロードするかwgetなどを使ってダウンロードします。

“Nginxにphpmyadminを導入しました Kagoya VPS OpenVz” の続きを読む

Kagoya Open VZにnginx + WordPressを導入しました。(CentOS7 64bit)




CentOS7.4 on Microsoft AzureにWordPressをインストール – Qiita

を参考にして今回あらたに契約したKagoya Open VZにnginx とWordpressを導入しました。

既存のWordpressから引っ越すため、インスタンス作成時に選択できるWordpressのテンプレートは使いませんでした。

nginxにしたのは単純に人気があるということだったのでそちらにしました。

Kagoya Open VZの導入まではこちらを参考にしてください。

海外レンタルサーバーからKagoya VPS Open VZ に変更しました。

“Kagoya Open VZにnginx + WordPressを導入しました。(CentOS7 64bit)” の続きを読む

海外レンタルサーバーからKagoya VPS Open VZ に変更しました。




最初に

私は今まで海外のレンタルサーバーを使っていましたが、いろいろな理由があってKagoya VPS Open VZに変更しました。

海外サーバーを使っていた理由は、非常に安く当時としては高機能だったからです。

10年契約により、より安い契約ができたのも海外サーバーを使っていた大きな理由の一つです。

あまり引っ越すことは考えていませんでしたが、使っていた海外サービスに対して満足できないところがありました。

  1. 海外にサーバーがあるので応答時間が長くスマホのWordPressアプリで更新できない
  2. 使っているサービスは安価すぎるためかディスコンになり、それに置き換わるサービスが割高になったこと
  3. 私が使ったサービスがディスコンになるに伴い、一つのサーバーで多くの人が同居するようになったらしくパフォーマンスが著しく下がったこと

海外サーバーはどのような高速な回線を使ったところで、多くのルーターを経由しているのでどうしても遅延が大きくなります。そこは納得していたのですがやはり金額が高くなることがどうしても納得できませんでした。

“海外レンタルサーバーからKagoya VPS Open VZ に変更しました。” の続きを読む

山本一郎さんがイレギュラーズアンドパートナーズのホームページを更新したが ライター事業がメインになっている件




以前、山本一郎さんが経営する会社のホームページについて考察しました。

山本一郎さんが経営しているイレギュラーズアンドパートナーズ株式会社 1)ホームページ編

詳しくはこちらのほうを見ていただきたいのですが、更新もほとんどされず、このホームページで書いてある業務が実際にされているのかよくわからないページであると指摘してます。

つい先日ホームページが更新されたようなので今回は検証をしてみたいと思います。

前回の記事で指摘していたフレームを使った今どき誰も使わないタグは使っておらず、スマホなどにも対応したページですが、以前のページよりもかなり簡略化されております。

メインのページだけのホームページであり、率直に言ってこれだと山本一郎さんのライターとしての活躍しかわからず、どのような事業をしているか全くわからず奇妙なホームページだと思います。

コンテンツの一番目が記事紹介

山本一郎さんは各Webメディアにいろいろ書いているWebライターというのが世間一般のイメージです。ご自分の記事で投資家とか企業経営者であることを仄めかしておりますが、残念ながら第三者によりライター以外の業務をしていることは確認できません。またその質問についてはぐらかすことができないので嘘と思われてもしょうがないなと思います。




“山本一郎さんがイレギュラーズアンドパートナーズのホームページを更新したが ライター事業がメインになっている件” の続きを読む

ネトウヨが崇拝する百田尚樹さん朝生出てみっともない言い訳をする

百田尚樹さんとはどんな人なんだろう




私はつい最近まで『永遠の0』という作品がヒットし、『殉愛』というやしきたかじんさんについて書いた本が親族から名誉棄損で訴えられているということしか知りませんでした。

最近Twitterをしていると朝日新聞に対して激しい敵意をもっている人だということを知りました。

このようなおかしい考え方だなと思うようなツイートをみておかしい人だなと思っていました。

ミサイルが日本に落ちるときは直接憲法とは関係ないし、狂ったメディアというのはいいけど、百田さんの主張で真面目に憲法について語る学者はいないのでないでしょうか?

きっと取り巻きに囲まれて、民進党が悪いとか言っていればそれなりにいい気分になることに慣れているからこのようなことを恥ずかしげもなく言えるのだろうと思います。



朝生なんて出てやるもんか!

“ネトウヨが崇拝する百田尚樹さん朝生出てみっともない言い訳をする” の続きを読む

山本一郎さんが議論が強いかについて考えてみる。

年末に山本一郎さんについて思うところを書いてきたが、そもそも山本一郎さんについて私がどのような評価をしているか説明していたいと思います。

私が彼を評価できる点は、ある人に取り入って実際にビジネスを始めることです。例えばCSKの大川さんとも親しかったようですし、楽天の三木谷さんとも親交があるようです。

残念だなと思うのはせっかく仲良くなれてもずっとその関係が続いていないように見えることです。このことについてはまた改めて検証したいと思います。

今回は彼が巷間言われている議論の強さについて検証したいと思います。

ネットでは彼が議論が上手であるという風に思っている人が多くいます。例えば山本一郎さんを批判していたブログでは以下のように書いています。

Twitterでは10万人のフォロワーがいて、山本氏の語り口調や、発信される情報の面白さ、議論の強さなどから、ファンの方も多いことと思います。

議論が強いのって本当か?

実は私も山本さんとツイッターでちょっと言い合いをするまでは議論が強い人だなと思っていました。

山本一郎さんに馬鹿と指摘されました。(URL 変更しました)

ここで私は山本一郎さんとネットで議論したホリエモンや総会屋と指摘するカドカワの社長である川上 量生さんに対して抗議したほうがいいのではと指摘しました。

本当のところいうと彼からリプライがくるとは思えませんでしたが、ただただ、私のことを馬鹿というだけだったのでがっかりしました。




“山本一郎さんが議論が強いかについて考えてみる。” の続きを読む

山本一郎さん 他人の出演事情について関係者のように話すけど嘘でしょ? 嘘でしたって早く謝ったほうがいいと思います。

町山さんと山本一朗さんは以前女優の「のんさん」のことでTwitterで議論をしていました。

山本一郎(やまもといちろう)はなぜ「独立したタレントを干す事務所の圧力などない!」と噛みついてきたのか。 – Togetterまとめ

その議論の途中で山本一郎さんは突然町山さんがMXから出禁であると主張し始めました。

出禁については最後は山本さんがこのように話していきました。

このやり取りのあと水道橋博士は以下のように説明しました。

テレビ局の人間が出演をどのように考えているか部外者である山本一郎さんに回答する必要がなく、水道橋博士が出演している番組ではいつでも呼べると言っているので山本さんが普通に嘘をいっているといっていいでしょう。




MXの出禁は嘘であったと町山さんが説明する。

“山本一郎さん 他人の出演事情について関係者のように話すけど嘘でしょ? 嘘でしたって早く謝ったほうがいいと思います。” の続きを読む

Yahoo Japanの山本一郎さんインタビュー検証 1)

最初に




山本一朗さんについて、いろいろ書いてきましたが個人的に一番問題だなと思うのが、記事の質が低いのに大変アクセス数があるYahoo Japanの個人ニュースに執筆していることで一番の問題はほとんど誰のチェックも受けていないのでないかと思うところです。

山本一郎さんの「パスワードの定期的な変更」についての考えをみてYahoo ジャパンのクオリティについて疑問を持つ

こちらでは、セキュリティソリューションをしていないことを説明してきました。

山本一郎さん、Yahoo Japan 個人ニュース記事で批判先から内容を完全否定される

こちらでは、ちゃんと調べもせずに書いただけでなく、後日山本さんに言及された内容が正しくないということを批判された企業がすぐにリリースされたことを説明しました。

いま調べている限り他にも多くの方が山本さんにいい加減なことを書かれて迷惑していることは確認してます。また整理がついたらアップデートしていきたいと思います。




採用しているYahoo Japanはどのように評価しているのか?

“Yahoo Japanの山本一郎さんインタビュー検証 1)” の続きを読む

山本一郎さん、Yahoo Japan 個人ニュース記事で批判先から内容を完全否定される




山本一朗さんは以前ある検証ブログで指摘されたように、また事実に基づかないことを書いて当該会社から注意されました。

もとになった記事はこちらの記事です。

「そのユーザー数は本当か?」医療サービスにも懸念の広がる数字の盛り方

また、ユーザー1万人突破と発表して投資家の期待を煽り株価上昇を図る一方、有償ストックオプションを仕込むことは問題を感じてもおかしくはありません。果たして医療プラットフォームを運営する会社として適切な方策でしょうか。

いつものように投資家目線で問題提起しています。ただ山本一郎さんはたびたび炎上をしている人間だと感じたのでしょうか、本来であれば業務がないであろう2017/3/11 土曜日に青王デートしてます。

当社グループに関するインターネット上の記事について | プレスルーム
MedPeer メドピア株式会社

詳細についてはリンク先をご覧になっていただきたいですが、明確に山本さんの意見を否定しています。

2017年3月10日付で公表された当社及び当社子会社である株式会社Mediplat(以下、「当社グループ」という。)が運営する「first call」に関するインターネット上の記事において、当社グループが認識する事実と異なる内容が含まれているため、当社グループの認識を以下の通りお知らせいたします。

記事において、当社グループが公表した「first call」の利用者数及び症例数にクラウドソーシングサービスを活用して集めたモニター利用者及び症例が含まれていることに触れ、実態とは異なる利用者数及び症例数を公表することで、株価の上昇を目論んだという趣旨の記載がなされております。

ここでは山本一郎さんの指摘が間違っており、山本さんの主張を要約しています。




“山本一郎さん、Yahoo Japan 個人ニュース記事で批判先から内容を完全否定される” の続きを読む