VisualStudioのLocalDBサンプルで問題がある場合の対処方法について (MS SQL LocalDBアップグレード問題)

先日、C#の勉強のために TECHNICAL MASTER はじめてのASP.NET Webフォームアプリ開発 C# 対応版 を購入しました。

TECHNICAL MASTER はじめてのASP.NET Webフォームアプリ開発 C# 対応版 ~ アマゾン

サンプルをダウンロードしたところDBが正しく読めないということが発生しました。そこでいろいろ試してみたところ対処方法がわかりました。

原因

私の環境では Microsoft Visual Studio Community 2017を入れていましたが、この本では2015を利用してます。

Visual Studio のMS SQL LocalDBを本では使っているのですが、Visual Studio 2017と 2015ではMS SQLの LocalDBのバージョンが異なり、残念ながら双方に互換性がないため動作しませんでした。

対処方法

Visual Studio 2017はMS SQL 2016のLocal DBが入っており Visual Studio 2015にはMS SQL 2014のLocal DBが同梱されてます。

MS SQL Express 2014をインストールし、環境を整えることで対応できるようになります。

一 Microsoft SQL Server 2014 Express ダウンロード

Download Microsoft® SQL Server® 2014 Express from Official Microsoft Download Center

ここからMicrosoft SQL Server 2014 Expressをダウンロードしてください。

Microsoft SQL Server 2014 Express 選択

LocalDBをインストールすればいいので LocalDB 32BIT\SqlLocalDB.msi とLocalDB 64BIT\SqlLocalDB.msi を選択し次へをクリックすると  SqlLocalDB.msi がダウンロードされるのでそのファイルをダブルクリックしてインストールしてください。私の環境はWindows 10 64bitですが無事にダウンロードできました。

二 LocalDBの登録と確認

実はインストールしただけでは使えません。Visual Studioからみて呼び出すための仕組みがまだそろっていないからです。登録されたLocalDBはコマンドプロンプトから sqllocaldb info を実行することで確認が可能です。

MSSQLLocalDBとProjectsV13はSQL 2016のLocal DBです。残念ながら、これだとサンプルは動作しません。

ここでインストールした2014のLocalDBを使うために登録する必要があります。

Creating SQL Server Express LocalDb v11, v12, v13, and MSSQLLocalDb Instances

この例だと、インスタンス名はv12.0になるため ProjectsV13 に合わせるために ProjectsV12 で登録しようとする場合以下のように実行します。

“C:\Program Files\Microsoft SQL Server\120\Tools\Binn\SqlLocalDB.exe” create “ProjectsV12” 12.0 -s

これで実際に追加されたことは確認できました。

 

三 Web.config の設定

Visual StudioではGUIの部分からDBインスタンスを変更できないので直接設定ファイルをいじります。Web.configの

<add name=”ConnectionString” connectionString=”Data Source=(LocalDB)\MSSQLLocalDB;AttachDbFilename=|DataDirectory|\DatabaseSample.mdf;Integrated Security=True” providerName=”System.Data.SqlClient”/>

赤の部分を(LocalDB)\ProjectsV12 に変更してください。

<add name=”ConnectionString” connectionString=”Data Source=(LocalDB)\ProjectsV12;AttachDbFilename=|DataDirectory|\DatabaseSample.mdf;Integrated Security=True” providerName=”System.Data.SqlClient”/>

これでサーバーエクスプローラーからいつでも確認できるようになります。

最後に

これからもSQL サーバーがバージョンアップしてLocalDBの互換性が保証されないことがあるかもしれません。

DBバージョンの変更はこのようにできるということが理解できました。

私も今回ググってようやくわかったのですが、昔からされている方たちには常識だからなかなか情報がでてこなかったのかもと思います。

参考にしていただければと思います。


第二世代 Core i5 2500KでもソフトウェアエンコードでFull HD 60fpsは可能

先日、アイ・オー・データのGv-USB3/HDを購入しました。

GV-USB3/HD – アマゾン

購入した当日はうまく動作せずにかなり焦りましたが結局うまく動作しました。

私のPCの構成は以下の通りです。

  • CPU
    Core i5-2500K
  • メモリー
    8GB
  • マザーボード
    GA-Z68MA-D2H-B3
  • ビデオカード
    GeForce-1060-3G
  • USB拡張カード
    オウルテック Owltech OWL-PCEXU3E4
OWL-PCEXU3E4 -アマゾン

Full HD 60fps は可能

上の動画で使ったタスクマネージャーとキャプチャーを同時に取った動画もアップしたので確認してください。

CPUもGPUも使用率は大体25%前後なのが確認できると思います。 “第二世代 Core i5 2500KでもソフトウェアエンコードでFull HD 60fpsは可能” の続きを読む

龍が如く (PS2) ゲームレビュー 2018年の今でも遊ぶ価値はあり。多くの人に遊んでいただきたい





昔からそれなりに人気がありいまでもシリーズが続いている「龍が如く」(PS2 – 2005)をクリアするまで遊んでみました。

シリーズ化されるほど面白かったと思います。

この記事とは別にストーリー評価のブログも書く予定です。

評価概要

ストーリー 5/5

当時、人気作家だった馳星周氏がシナリオ監修をやっており、近年の龍が如くで指摘されるストーリの破綻はあまり見られません。

また、シナリオを作った時は続編を作ることはあまり想定していなかったのか、作中にでてくる謎は一通り解明されており、ある意味この一作すれば満足と言える作品になっています。

シリーズのそのほかの製品を否定するわけではないですが、この一本があれば満足することも多く、極論をいえばこの一本遊べば他のシリーズ作品は遊ばなくていいといってもいいくらい面白かったです。

ゲーム性 4/5

シリーズを通して、サブストーリーやミニゲームが充実していますが、それは初代からちゃんとそのあたりは作っているのは高く評価できるポイントだと思います。

私がゲーム性を下げた理由は単純でストーリー重視とはいえムービーが長いなと思ったこと、あとはこの手のゲームはどうしても一本道になりやすいとは言え自由度があまり高くないと思ったことです。

操作性 3/5

龍が如くは一世代前のゲームなのか右スティックでカメラ操作ができません。

PS2の性能面でも難しかったのかもしれませんが、マップは小さい範囲でもシームレスではなく、切り替わりますが、切り替わるときにLスティックの方向と違う方向にうごくことがあります。切り替わるときに方向によっては意図しない方向に戻るからだと考えます。

これがバトルの時も発生するのでなかなか敵に当たらずに四苦八苦します。

グラフィック 4/5

この評価はPS2の性能を考えた場合、高い評価になりますが、最近のゲームと比較するとしょぼいです。

とはいえ、全然リアリティがないわけではなく、十分に楽しいです。

PS4をお持ちの方は「極」を購入することもできますが、リメイクなのでよかった部分もスポイルされているかもしれません。

総合評価 16/20

PS2を持っている人は中古ゲームでもよく販売しているので、比較的入手しやすいですし、なによりも安いのでぜひ手に取って遊んでいただきたいなと思います。(私は近所のブックオフで250円で購入しました。)

PS2をお持ちでない方はPS3のリマスター版を考慮されたらと思います。
“龍が如く (PS2) ゲームレビュー 2018年の今でも遊ぶ価値はあり。多くの人に遊んでいただきたい” の続きを読む

スチームワールドディグ で遊んでみた (ファーストレビュー)




2018年6月にPS Plusのフリープレイで提供されたスチームワールドディグを先日遊んでみました。

まだ冒頭で、道具の開放とかも進んでいないので本当にさわりだけですが、基本的なことは理解できたのでその点から説明していきたいと思います。

入手方法

いわゆるパッケージではなくダウンロード販売のみです。

ゲームソフト | スチームワールド ディグ | プレイステーション

スチームワールド ディグ | ニンテンドー3DS | 任天堂

掘って掘って掘りまくるゲーム

“スチームワールドディグ で遊んでみた (ファーストレビュー)” の続きを読む

トラックマニア ターボ キャンペーン レビュー [PS4/ Xbox One]




2017年11月にXbox One Game with Gold/ 2018年5月にPS プラスのフリープレイで提供されました。

私はわざわざお金を出して購入したわけではありませんがそれなりに楽しかったです。

トラックマニア ターボ – PS4 ~ アマゾン

アマゾンで購入できます。合わせてPS Storeやマイクロストアでもダウンロード版が購入できます。

グランツーリスモライセンス+FH3 Hot Wheels DLC

私の率直なイメージはグランツーリスモのライセンスとForza Horizon のHot Wheels を合わせたような感じです。 “トラックマニア ターボ キャンペーン レビュー [PS4/ Xbox One]” の続きを読む

ゲームハードウェアについて言及しない理由




最初に断っておきますがある一つのハードウェアやそのファンを貶めるつもりはないです。ただ最近ゲームハードウェアにこだわって何かを書く理由はあまりないのかなと感じました。

ゲームハードウェアについてあまりTwitterとかで発言しないようになった理由について自分の考えを整理するためにも述べていきたいと思います。

ゲームハードウェアは宗教?

ゲーム機は昔からハードベンダーがソフトを供給してもらうためにあらゆる施策で自分たちのプラットフォームで出るように交渉しています。

あるプラットフォームだけに人気のゲームが出ればそれだけでそのゲーム機の販売台数に影響を及ぼすことがあります。有名なところだとファイナルファンタジー7なんかはPlayStationの普及に相当貢献したのでないかと思います。 “ゲームハードウェアについて言及しない理由” の続きを読む

初代戦国無双 レビュー 今みても十分すぎるボリューム




以前、XboxのGame with Gold で「無双OROCHI2 Ultimate」 を遊びました。その前にはWii Uで発売されたhyperもWii Uに合わせてラウンチ時に発売されましたが不幸なことに売れていなくってワゴンで買って遊んだ覚えがあります。

#xboxone 2016/ 8のGame with Gold 「無双OROCHI2 Ultimate」 で遊んでみました

面白くないとは言いませんが、あまりのボリュームの多さに疑問を持ち、昔の無双シリーズはどうだったのかと疑問に思ったので中古で初代の戦国無双を購入しました。

想像していたよりよくできていた

古いゲームということで、今のゲームと比べれば劣っているところが多いのでないかと思っていましたが、想像を超えるような古さはなかったです。 “初代戦国無双 レビュー 今みても十分すぎるボリューム” の続きを読む

NBA 2k 18 バスケ好きなら買っていいかも




先日、PS4 Proを購入しました。

ゴッド・オブ・ウォー リミテッドエディション PS4 pro 購入しました

知人にNBA 2k 18をすすめていただいたので遊んでいます。

総合評価70を超えたところです。

ある意味のリアルティ

マイキャリアはルーキーとして入りますが、能力が著しく劣っているので最初はスターターではなくちょっとずつ活躍して総合評価など高くしてスターターを目指します。

私はようやくスターターになったけどまだなかなか活躍できていません。

下の動画は昨日(2018/5/19)に録画し編集したものですが活躍した場面だけ抜き出すと全体で40分だったのがドラマ部分を入れても10分に満たず純粋に活躍した部分だけでいうと5分もありません。

経験値としてゲーム内の活躍でもらえるVCを有料で購入すれば選手の能力が高くすることができるのでその方法を使えば最初から活躍できることができます。 “NBA 2k 18 バスケ好きなら買っていいかも” の続きを読む

[GT1 日記] ついにA級ライセンスとったよ 全部ブロンズだけど




グランツーリスモって1の時からライセンスを取得しなきゃ走れないレースがあります。すべてを楽しみたかったらライセンスをすべてとる必要があります。

1は初めての作品なのか後からでてくる作品に比べてもボリュームが少なく、ライセンスもあまりないです。

B級は購入した日にすぐに取れました。

失敗を入れても20分なのでレースゲームをやってる人であればだれでも比較的簡単に取れると思います。

A級とったよ

“[GT1 日記] ついにA級ライセンスとったよ 全部ブロンズだけど” の続きを読む

クラウドゲーミング PlayStation NOW が普及しないと思ういくつかの理由




クラウド経由でPlayStationのゲームが遊ぶことができるPlayStation NOWというサービスがあります。

私はいくつかの理由から普及しないんだろうと思います。このブログではなぜ普及しないのかについていくつかの理由をあげていきたいと思います。

PlayStation NOWとは

PS NowはPS4/ PCで利用できるクラウドサービスで定額でゲームを楽しむことができます。日本では月額2,500円 3カ月で5,900円で提供されています。

当初はPS3/ Vita/ ブラビアなどPS4以外でもサポートしていたようです。

サポートを外したのはおそらくですがパフォーマンスがサービス当初考えていたよりも必要だったからか、PS4以外での会員数が増えなかったからでないかと思います。

後者の理由であれば会員数はほとんど伸びていないということが推測されます。

ネットワークの制限

PS Nowはストリーミングを使用したサービスなので利用するためのネットワーク環境にかなりの制限があります。

PSN | PlayStation Nowについて | プレイステーション

※ プレイには下り速度5Mbps以上が保証される安定したネットワーク環境が必要となります。 快適にプレイいただくには12Mbps以上が保証される安定したネットワーク環境が必要となります。

インターネットを利用したサービスは家庭からプロバイダーまでの通信はある程度保証されますが、プロバイダーをまたいで通信するので帯域を保証するサービスの提供は難しいと思います。 “クラウドゲーミング PlayStation NOW が普及しないと思ういくつかの理由” の続きを読む