ゴッド・オブ・ウォー(4) 護符の木まで遊んだファーストレビュー





今晩初めてゴッド・オブ・ウォー(4)を遊んでみました。

いいところと悪いところを上げていきます。

いいなと思うところは以下の通りです。

  • なにはなくともグラフィックとりあえずすんげー
  • 息子も遠距離からの攻撃を任意に参加させることが可能
  • 斧を投げることで遠距離攻撃が可能
  • QTEがなくなった。(少なくなった)

悪いなと思ったところは以下の通りです。

  • ムービー長い。特に最初からムービーはつらい
  • 操作方法が大きく変わったこと

いいと思うところ

グラフィックすんげー

とりあえずグラフィックはやばいくらいすごいです。なんか陳腐な表現ですが本当にすごいと思います。

実はGoW3とかAscension で十分きれいだと思っていましたが、それがかすむくらいきれいだなと思いました。

そのきれいなオブジェクトがそのまま動くなんてなんか魔法を使っているような感じでマジ感激です。

家族
家族

息子も長距離から援護射撃

クレイトスはL2を押しながらR1/ R2を押すと斧を投げて遠距離攻撃をしますが、R1/R2のかわりに□をおすと、息子(アトレウス)が弓を射ってくれます。

まだ護符の木はチュートリアル的な章なので活躍することはあまりないですが、きっとこれから先すすんでいくときっと助けられることも多いのかなと思いました。

斧を投げることで遠距離攻撃が可能

既存のゴッド・オブ・ウォーではデフォルトのブレイズオブカオス がある程度の距離は攻撃できましたが、とはいえ遠距離攻撃というほどではありませんでした。

作品によっては槍を投げることで遠距離攻撃を実現したり、魔法を使うことができましたが、初期段階から遠距離攻撃が行えることはなく、その分ある程度攻撃の幅が広がったのが大きいと思います。

L2で構えR1/ R2で投げるので一般的なFPSに慣れている人であればすぐになじむのもいいところだと思います。

QTEがなくなった(少なくなった)

既存のゴッド・オブ・ウォーはある程度の大きさの敵を倒すときは画面で指定されたボタンを順番に押すことで、特別な攻撃ができるようになるQTEが普通に使わていていましたが本作ではそのような仕掛けはあまり見られなくなりました。

これはいいことばかりではなく動画が間延びするくらい長く感じることもあるので、ムービーであったほうがよかったのかなと思うこともありました。




今一つだなとおもったところ

ゲーム始まって長いムービー続くのつらい

一番最初のGod of War 1はゲームが始まって、いきなり雑魚的と戦うことができました。今回のゲームは最初から結構ムービーが続き、正直退屈だなと思いました。

あと、戦いの中でもムービーが間に挟まるときは、賛否両論ありますが、QTEなんかをいれると退屈さがまぎれるのにと思いました。

ただその場合ムービーを見た後即死するパターンもあるわけで絶対にそうしたほうがいいとは言い切れないのが残念な画ところです。

操作方法が変わってつらい

古くからの既存の作品は△が弱攻撃、□が今日攻撃で右スティックが回避でしたが、R1が弱攻撃、R2が強攻撃で×が回避になっています。

既存製品に慣れているともしかして慣れるまで大変かもしれません。

心配ないこと

ファーストを代表する作品なのでやはり安心感があります。多少のシステム変更があってもそれは良かれと思って改良したということだし。今回ギリシャ神話の世界から北欧神話をベースに変更があったようですが、よく考えると過去作とは直接的なつながりはなくなったため、過去作を遊んでいなくても今作から遊べるということはいいことなんだろうなと思いました。

まとめ

いまひとつだなと思うところは書きましたが、いいところと思うところと比較するとどうでもいい些細な部分だと思います。

「護符の木」まで遊んだ動画をつくったのでよかったらご覧ください。

感動したら購入検討していただけると嬉しいです。



コメントを残す