ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印 レビュー (PS3 英語版 God of War Origins Collection)

初めに

私は2018年4月20日に発売されるゴッド・オブ・ウォーに合わせて、それまでにできるだけ多くのシリーズをクリアしたいと思っています。

God of War 1を始めましたが、ちょっと難しくって挫折しました。そこでいままでやっていなかった「ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印」(英語名:  God of War: Ghost of Sparta) で遊びました。

ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲&降誕の刻印 HDコレクション および 英語版 God of War Origins Collection

私が遊んだのは英語版 God of War Origins Collection になります。

結論から言うと人気シリーズ ゴッド・オブ・ウォーの名前に恥じないゲームだと思います。

セールスポイント

気になる点

ストーリーについては私にとっては可もなく不可もなくですがクレイトスの家族をテーマにしたものだと思っています。(私はストーリーを重視しないタイプなのでほとんど気になりません。

セールスポイント

定番の△、□ボタンをベースにした単純操作の攻撃

GoWのあらゆるシリーズに関しては全作品で共通している攻撃パターンです。□ボタンが弱攻撃、△が強攻撃です。ボタンの押す順番でコンボが決まったりします。

赤い宝箱を開けたり敵を倒すと経験値が入り武器などをアップグレードすることで出せる攻撃も増えてきます。私は本作ではLを押しながら攻撃する方法をよくとっていました。防御しながら入ることができるのと癖でそうなっていたんでしょう。

説得力のある攻撃と防御、回避

あるアクションゲームだと、ボタンを押しているだけで攻撃できあまり防御のことを考えなくてもいい場合があります。

このゲームはイージーだといわゆるゴリ押しもできますが、難易度が増えるにつれちゃんと防御や回避をしないと先に進めなくなります。

据え置き版だと引いて画角のアングルでクレイトスが非常に小さく写る場面があるのですが、その時は全く攻撃とかの説得性とかはなくなりますが、PSPをもとにしているのでそこまで画面が引く場面が少ないのはこのゲームの利点であると思います。

CS攻撃(QTE)による映画的な演出

QTEがなんでもいいわけではありません。

しかしゴッド・オブ・ウォーのCS攻撃は大体の場合いいと考えています。基本的にはそれほど多くないボタンで攻撃をするため攻撃のバリエーションが少ないです。

そこでCS攻撃とよばれるQTEにより少ないボタン操作だけでより派手なアクションが出せるようになっています。

またQTE攻撃が失敗してもたいていの場合すぐにやり直すことができるのでそこはあまり問題視は私はしていないです。

PSPよりも簡単な操作

このゲームはもともとPSPで開発されたものです。ボタンとスティックが少ないため、PSPでやると難しいのがPS3の場合ボタンが多いのでその点は期待できます。

PSPでは回避はLとRを押して左スティックを使うのですが、右スティックだけで回避できるのはすごく簡単になっていていいと思います。

また据え置き機ほど、こったパズルはないのはいいと思います。(逆に不満な人はいると思いますが)

頭を使う謎解き

PSP版がベースなので謎解きは据え置き版よりは簡単じゃないかなと思います。

ほとんどの謎解きはいわゆる攻略サイトなどを見なくてもできたのでその点は私にとっては適度な難しさだったんじゃないかなと思います。

据え置き機だと攻略サイト見ないと解くの難しい仕掛けが多いですが、そこまで難しくない謎解きは私にとっては評価できるポイントです。

気になる点

冗長で退屈になるボス戦

最後のボス戦なんかは顕著ですが、同じパターンがいくつか続きくどいと感じます。

これはGoWシリーズ通して同じようなところがあるかもしれませんし、この手の3Dアクションゲームも同じような傾向はあるのかもしれませんが、私はそれでも他のゲームに比べても多いのでないかと感じてます。

PS3版に比べて貧弱なグラフィック

これはPSPからのリマスターなのでしょうがないですが、PS3をターゲットに作成された3とアセッションを比較すると貧弱に見えます。

ただ、グラフィックのきれいさだけでゲームの面白さが決まるわけでなく、HD コレクションには降誕の刻印のほかに落日の悲愴曲が収録されているのでその点はしょうがないと思います。

ムービーからのQTE

これはこのゲームに限らないことですがムービーからのQTEは私は採用に反対です。ムービーが始まってほっとしたあと、前触れがなくQTEが出てくると対応するのは難しく開発者は何を考えて作ったのかよくわからなくなるからです。

最後に

私が遊んだのは英語版の God of War Origins Collectionです。10ドルで安かったので英語版にしました。

それを思うと1本あたり5ドルなので十分に元は取れる面白さです。

落日の悲愴曲はPSPでリリースされ、昔クリアしたことがあるので、他のシリーズを遊んでから遊びたいと思います。

このレビューはゴッド・オブ・ウォーシリーズを最近クリアした一作目になるので、他のシリーズを遊んだ後、リライトする予定です。(おそらく大幅に変わると思います)

遊んだ動画

最初から最後まで遊んでみました。



コメントを残す