煙草をやめて早くも7年が経ちました。100万超えてびっくりした

昨日、別ブログでタバコをやめたらお金が節約できて大体ひと月分のお金ではてなブログProと2年契約ができると言って記事を書きました。

そこで、いつ辞めたのか調べてみました。

らくらく禁煙アプリ wiiでやめた

私はwiiで発売されていた「らくらく禁煙アプリwii」をつかってやめました。

らくらく禁煙アプリwii
らくらく禁煙アプリwii

このソフトではいつ禁煙を開始したのかいつでも確認することができます。

2009/7/18に禁煙開始
2009/7/18に禁煙開始

アプリによると2009/7/18日に禁煙を開始したようです。当時マルボロメンソールを1日一箱のペースで吸っていました。

当時マルボロメンソールは320円だった
当時マルボロメンソールは320円だった

アプリでは禁煙中にいくらタバコにかかった費用が節約できるか計算してくれましたが、999日までなのでこれ以上は値は増えないようになっています。

ちょっと真面目に計算してみよう

当時は320円だったマルボロメンソールも今は460円で2010/10に値上げされたらしい。

2009/ 7 /18 – 2010/ 9/30 は440日
2010/10/1  – 2016/10/20 は2,212日です。

タバコ代金だけで以下の計算が成り立ちます。

320(円) X  440(日) = 140,800(円)
460(円) X 2,212(日) = 1,017,520(円)

合計するとなんと 1,158,320円で軽く100万円超えていることにびっくりしました。

タバコってじつはもっとかかっている

タバコ吸っている皆さんはよくわかると思うがタバコそのものの値段よりもそれなりの金額がかかります。例えばタバコに火をつけるにはライターがいりますが忘れると購入する必要があります。

また、タバコ吸いに行ったときに缶コーヒーなど買ったり、酒を飲んだりするといつもよりたくさん吸ったりします。

ちょっと真面目な話をすると、仕事中にタバコを吸うとその分生産性が落ちたり、病気になりやすくなるリスクが高まるので経済的にはより高いコストがかかっています。

軽自動車一台まるまる購入できるお金

実は、タバコをやめてから初めて真面目に計算して、これほど節約できていることを初めて知りました。

結構真面目に言いますが、若い人はタバコを吸ったりしたらダメです。私は辞めるまで19年間吸っていました。吸い始めたときは安かったですが、200万円は使っていたのではないかと思います。

また、やめたいと思う人は一日でも早くタバコを止めましょう。

次回以降の予定

次回以降はタバコをどのようにやめたか熱く語っていきたいと思います。

私が書いた記事を読んだ喫煙者が一人でもおおくタバコをやめればと本気で考えて書こうと思うのでよろしくお願いします。

「煙草をやめて早くも7年が経ちました。100万超えてびっくりした」への2件のフィードバック

コメントを残す