Xbox oneでTwitchによる動画実況

Xbox oneではTwitchを利用した配信が可能です。

Xbox oneのアプリをゲームをしているときに起動することで使えるようになります。

普通に使っているとTwitchの画面がゲームの右横に表示されたままになります。

Twitchスナップ画面
Twitchスナップ画面

この場合ゲームをはじめると以下のような画面になります。

twirch スナップ終了画面
twirch スナップ終了画面

配信中で何人みているかが表示されますが、上の画面のように誰かがチャットしても見れないのでその場合はスマホ/ タブレットかPCを別途用意する必要があります。

キネクトを利用した配信者の撮影

キネクトをつけていると、配信者の様子も動画の4隅のいずれかに表示させることができます。また、自動的に顔だけをアップする機能があります。

私はこのとき部屋で洗濯物を干していたのでうまく動作しなかったのですが、、、、

ゲーム画面を移すだけでなく同時に配信者の様子をとるのはxbox one/ PS4が出る前はそうとう敷居が高かった記憶があります。

今までそれなりのスキルや機材が必要だったゲーム実況をかなり簡単にできるようにしたことはすごいことだと思います。

動画配信時の動画の劣化

Forza Motorsports 5は通常1080p / 60fpsですが、Twitchでは720p/ 30fpsになります。あとTwitchのサーバーやネットワークの状況によって劣化することがあるのだと思います。

右が配信された動画、 つぶれているのが分かります
右が配信された動画、 つぶれているのが分かります

気軽に動画実況ができるようになったのはすごい

HDMIキャプチャーユニットなどの機材やPCなどを使うことなく簡単に実況ができるようになったのはすごいことだと思います。

すくなくてもいままでそのようなことに興味すらなかった人でも敷居が低くなった分簡単に始めることができるようになったことはすごいことだと思います。

日本ではこれからだと思いますが、新しい形のゲームの楽しみ方が増えたことはすごいことだと思います。

コメントを残す